ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1695
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

こんばんわ。 神奈川県横浜市です。

ユーザー評価:

こんばんわ。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県横浜市です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 勤務中に勤務先の正社員に怪我を負わされ労災扱いになっているのですが10割出ないので残りを慰謝料として請求したいです。
質問者: 返答済み 12 日 前.
25215;知いたしました。
質問者: 返答済み 12 日 前.
24460;医師に診断を受けましたが、、まだ痛い部分があるのに医学的には今回の怪我とは関連性がないと言われ困っています。
精神的に参り始め身体にも影響が出てきています。
怪我を負わした正社員に精神的苦痛として慰謝料を請求することは可能でしょうか?

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます、よろしくお願いいたします。

貴方がけがの他に受けた精神的なダメージについいて加害者に慰謝料請求をするということは可能です。精神的慰謝料というものは目には見えないことで、個人が受けた精神的慰謝料については、貴方が実際、精神的にもまいり始め人体にも影響だ出ているということですので、内容証明にて慰謝料請求をするといいでしょう。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21307;師の診断書が必要でしょうか、、?
質問者: 返答済み 11 日 前.
12371;ちらこそよろしくお願いいたします。
分からない事だらけで自分で調べるにも行き詰っています、、

医師の診断書があるのであれば会った方が有利に運びます。しかし、診断書がないからといって慰謝料請求ができないわけではありません。実際に病院に通院している事実があるわけですから、10割に満たない分の負担を請求することは正当にできますし、別途精神的な部分で慰謝料請求することができます。精神的な慰謝料では、内容にもよりますが30~80万円の間くらいで請求するのが一般的かと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。
ちゃんとした謝罪もなく、
電話を着信拒否した場合は更に請求可能でしょうか?

謝罪がないのは常識に欠けていて気分がよくないですね・・・。請求は電話ですと口頭でのやり取りになってしまうので、できましたら書面ですることがいいです。できましたら内容証明をお勧めします。内容証明による通知であれば、いつ誰が誰に対して、どのような内容の文面の手紙を出したのか、証明することが出来ます。そのため、内容証明郵便であれば、相手方は受け取っていない、読んでいないなどの言い逃れをすることが出来ませんし、裁判でも意思表示が到達した証拠として事実認定されます。自分で作成すれば郵送料の千円前後の費用のみで済みます。

質問者: 返答済み 11 日 前.
20869;容証明の書き方としてどういった例がありますか、、?

上から順に記入するといいと思うので以下参考にしてみてください。

宛先

慰謝料請求をする相手の住所、氏名などを記載します。

発行日、差出人、
書面を発行した日、差出人の住所、氏名を記載します。

表題本
慰謝料請求書、や、請求書、と記載すればいいかと思います。

※決められている表題等はありません。

本文
本文の書き方は、なぜ慰謝料請求をするのか、どのくらいの被害を受けているのか、請求する慰謝料額等を記入します。

振込先

貴方の通帳の情報を記載し、相手が内容証明を受け取った後スムーズに振り込みができるようにしておきます。

上記を参考に書面が作成できましたら同じものを3枚作成(パソコン等で3枚プリントアウトで可)し、郵便局に封をしないまま持ち込みます。

質問者: 返答済み 11 日 前.
33394;々と妥当な金額ってあるかと思うのですが、、
今回の自分の怪我に関してどのくらいなのか、、?
将来的に先の部分までみて見積もりして金額を出しても良いのでしょうか、、?

もちろんです。将来的な部分も含めて慰謝料額を請求していいのです。減額されることも考え、初めからこちらで減額した額を請求することはないかと思います。少し減額されることもあるので、まずは貴方の受けた精神的ダメージを請求すればいいのです。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。
医師の診断で今回の怪我と因果関係がないと言われている痛みに関して総合病院にて全部検査してもらえない場合はどうしたら良いでしょうか?

前述しましたように、診断書がないからといって慰謝料請求ができないわけではありません。実際に病院に通院している事実があるわけですから、それに伴い精神的ダメージは当然あるわけです。ですから医師の診断に基づき慰謝料請求をするわけではなく、精神的ダメージを受けたことによる慰謝料請求という形で請求をしてください。

bonds-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。

法律 についての関連する質問