ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2969
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

社長と自分の2人で塗装業をしてまいた。倉庫は借家です。社長が一線を退くので引き続きやらないか、と言うので屋号は変えて(表

ユーザー評価:

社長と自分の2人で塗装業をしてまいた。倉庫は借家です。社長が一線を退くので引き続きやらないか、と言うので屋号は変えて(表向きはそのまま、私は個人事業主として)始めました。と言いうのも、まだ借金があり会社を潰すと家を持っていかれるなどとの理由で、また、この倉庫も出たくはなく名義変更等をすると、やれ再契約だとか、もう貸せないだとか色々と問題もでてくるので、表向きはそのままの体制で仕事は進めてまいりました。そこで倉庫の家賃が20万だと言われ、その内の14万を払ってほしいといわれ、言われるがまま払い続けてきました。月日は流れ、その倉庫も出る事になりある時大家さんと話すきっかけがあったので、ついでに家賃の値段を聞いてみたらなん、なんと10万だと言われました。平成26年から今に至ります。差額の4万な返金請求出来るのでしょうか?因みに社長とは口頭契約であり、契約書を交わした訳ではありません。これは詐欺に当たるのでしょうか?よろしくお願いします。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 無し

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

ご友人との法律上のことに関してのご質問とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので、このメールに返信する形で詳細をお聞かせ頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

実際は10万円の家賃を20万円と偽り14万円を負担するよう仕向け契約に至った行為は詐欺罪に該当する可能性もありますが、警察ヘ被害を届け出ても民事で解決しろと言われる可能性が高いと思量致します。

ですが、相手方が不当に受け取っていた利得(本来の家賃との差額)は返還されて然るべきであり、不当利得変換請求を行うことをお勧めします。

(回答が続きます。少々お待ちください)

対応策として、内容証明郵便にて相手方へ通告なさることをお勧めします。
内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)
きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。
下記URL、ご参照ください。
内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございます。仮に相手に支払い能力がない場合、親族への請求は可能でしょうか?前社長は今年81歳になる老体です。まだまだ元気ですが、病気もそこそこ患ってる方です。正直14万は㎡数的に妥当な金額だと思いました。なので20万は無いな、とは感じていましたが、私もある程度は納得して応じていました。大家さんからも14万て言われると思ってたら、まさかの10万、、、話が変わってきます。取り返せるものなら意地でも取り返したいと思います。本日はアドバイスありがとうございました。

ご質問及びご評価、ありがとうございました。

法律上、親族への請求はできかねるのですが、相手方が亡くなった場合、相続人が負債を相続することになります。

いずれはそうなることを前提として、相手方及び親族に交渉するのも方法のひとつかと思量致します。

金額が大きいのみならず、信頼を踏みにじられたようで悔しいですよね。

ご心痛、お察しします。

尚、トライアル会員期間7日間は最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です。

また何かありましたらお声掛けください。

無事、満額の回収、心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございました。

法律 についての関連する質問