ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2991
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

業務委託での契約解除の件でご相談させていただきたく思います。宜しくお願い致します。 東京都でございます。

ユーザー評価:

業務委託での契約解除の件でご相談させていただきたく思います。宜しくお願い致します。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都でございます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 経緯などは今こちらにお書きさせていただいた方がよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 22 日 前.
22312;宅にてテレホンオペレーターを、業務委託契約(時給)で行っています。
勤務時間は定められております。
当方の甘さが悪かったのですが、契約書はなく、口約束ですべて進んでしまったため、契約書などはありません。
悔しながらも、体調を壊し、到底仕事の継続ができる状況ではなくなってしまいました。事情と解除希望の旨を先方にお伝えしたところ、「当方が辞めると損金が発生する。法律上2週間前までの申告でないと解除できない。今月中は働いてもらいたい。」という回答を頂きました。①この場合、2週間はどのような事情があっても即日解除はできないものなのでしょうか?
②仮に即日解除はしていただけたとしても、先方の仰る損金を請求されても仕方ないもののでしょうか?
③仮に即日解除はしていただけたとしても、お給料は払わないなどと仰られた場合、それは諦めるしかないのでしょうか?無知で申し訳ありませんが、以上3点、ご回答いただけたら幸いです。宜しくお願い致します。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

①退職の2週間前までに申し出ることとされているのは雇用契約の場合です(やむを得ない事情があれば2週間以内でも可)。

委託契約は、契約で定められていなければ、委託者・受託者共にいつでも解約を申し出ることができます。

また、体調不良により委託業務を行えないことは、やむを得ない事情にも該当します。

②実損害が発生すれば支払いを求められる可能性もありますが、「ご相談者様が業務を行っていたのであれば得られたであろう利益」は、実損害にはあたりません。

また、実損害の証明責任は、請求する側にあります。

③損害を給与から相殺するには、給与を受けとる者の承諾を得ない限り、行うことができません。

万が一、給与が支払われなかった場合、提訴できます。

質問者: 返答済み 22 日 前.
12372;丁寧にご回答くださりありがとうございます。感謝致します。
追加でのご質問失礼致します。
業務委託とは口約束でのお話しであり、契約書などはないため、もし相手様が雇用契約のつもりだったなどと仰ってこられても、やむを得ない事情による場合は2週間以内の解除も可能となるのでしょうか?再度先方様には体調不良で業務の継続が難しい旨をお伝えし、それでもご納得いただけない場合には、ご回答をいただきました内容を参考にお話しを進めていく納得していただく、というのが現段階ではベストな段取りとなりますでしょうか?度々申し訳ありませんがどうぞ宜しくお願い致します。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

Q:業務委託とは口約束でのお話しであり、契約書などはないため、もし相手様が雇用契約のつもりだったなどと仰ってこられても

A:そもそも雇用契約書も無い訳ですから、この時点で、相手方の主張は認められません。

相手方が応じようとしない場合、委託契約の解約と給与の満額支払いを、内容証明郵便にて通告をなさってみてはいかがでしょうか。
内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)
きちんとした書面で、支払いに応じない場合は調停の申し立て、もしくは民事訴訟を提訴すると通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

ito-gyoseiをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 22 日 前.
28961;知な当方に分かりやすく、ご丁寧にご回答いただき誠にありがとうございます。
困って悩んでおりましたが、イトウ先生のお陰でほっと致しました。本当にありがとうございます。
今後はアドバイスを頂いた通りに動いてまいろうと思います。
また、何かありました時にはご相談させていただきたくこともあるかもしれませんが、その時はどうぞ宜しくお願い申し上げます。 
この度は大変大変ありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

「無知」なんてことありません。

私共は、職業柄、知っているだけです。

まずはお体を大事になさってください。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます

法律 についての関連する質問