ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2932
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

信用保証協会の連帯保証人で、元金785,444円及び損害金2,819,329円、を借主に代わり、弁済しようかと、思います

ユーザー評価:

信用保証協会の連帯保証人で、元金785,444円及び損害金2,819,329円、を借主に代わり、弁済しようかと、思いますが、損害金が元金の約4倍です。平成16年2月の契約なので、連帯保証人は抜けれないですよね?損害金は、元金を返済する場合、減額するとは、いいますがかなり心配です。コロナで、売上も減少しているのに。損害金の交渉および、支払い後の借主と当方間の借用書作成、などは、経営コンサルタントでなく弁護士の先生にお願いす方が、スムーズでしょうか?その場合、費用もよくわからないので、心配です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛媛県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: そうですね、家庭裁判所のほうも行きましたが、あくまでこちらが、弁済したうえで、調停はできます。と、いうことですが、相手は電話にも出ないので、でてくる望みは薄い気がします。お金を払いっぱなしは無理です。きちんと、当方に返してほしいです。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

平成16年2月の契約とのことですが、消滅時効は成立なさっていないのでしょうか。

また、時効が成立していないとしても、確かに損害金が莫大です。

この減額交渉や、支払い後の求償に伴う借用書作成も含め、弁護士へご依頼なさると宜しいかと思量致します。

弁護士費用は現在、自由価格であり、ご依頼なさる事務所や先生により変わりますが、10~30万円程度で受任して頂けるかと思量致します。

質問者: 返答済み 17 日 前.
26377;難うございました

こちらこそご質問、ありがとうございました。

以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他4 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問