ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1799
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

社会保険の扶養についてご質問があります。 大分県です。

質問者の質問

社会保険の扶養についてご質問があります。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大分県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現在、夫の扶養に入っているのですが、今年の収入が130万を超える可能性が出てきました。通常は超えないのですが、臨時賞与があり超えそうです。3ヶ月の給与は10万以下なのですが、130万を超えた時点で扶養から外れるしかないのでしょうか。
投稿: 28 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bonds-gyosei 返答済み 28 日 前.

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます。今年の1月に支給された給与から計算して今年の12月に受け取る給与までを計算して130万円を超えたら年収130万円いじょうとみなされ、夫の扶養からはずれ、自分で健康保険に入る必要が出てきます。年金も同じように、年収130万円以下だと第3号被保険者となり、国民年金の保険料を納めなくていいのです。年収130万円を超えると、健康保険や年金の保険料を自分自身で払わなくてはいけないということになります。130万円を超えてしまったら次の壁は15お万円です。年間150万円以下の給料に抑えておけば、夫の給与年収が1220万円以下であれば、配偶者控除等を受けることができ、控除額によっては税額が増えません。話は戻りますが、130万円以下にできるのであれば、まだ今年も残りの月が数カ月ありますので、できるのであれば調整することで貴方の負担は少なく抑えられるかと思います。

専門家:  bonds-gyosei 返答済み 27 日 前.

今回のご質問について解決の手立てになれましたでしょうか。現在こちらのご質問が未解決となっておりますので、ひとまず、ご質問が以上であれば、お客様の方でも完了させるため、画面の星マークにて完了ご評価をお願い致します。

法律 についての関連する質問