ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1374
経験:  所長
64397026
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

1週間ほど前に,試用期間3ヶ月を過ぎたパートの解雇について留意すべきことを教えてください, 広島市安佐南区安東5丁目,

質問者の質問

1週間ほど前に,試用期間3ヶ月を過ぎたパートの解雇について留意すべきことを教えてください
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 広島市安佐南区安東5丁目
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にありません。
投稿: 23 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dai60962000 返答済み 23 日 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

会社の業績が思わしくなく経費削減のために人員カット、つまりリストラをすることを整理解雇といいます。

懲戒解雇

会社の秩序を著しく乱した労働者に対して制裁として行われる解雇を懲戒解雇といいます。

普通解雇

上記以外の解雇一般を普通解雇といいます。
例えば、遅刻欠勤等の勤務態度・勤務成績の不良、職業上の適性・能力の欠如、違反行為を理由に解雇する場合などが普通解雇にあたります。

恐らく普通解雇でしょうが、客観的に合理的な理由がない解雇は無効となります(合理的な理由)。
また、客観的に合理的な解雇理由があったとしても、解雇するほどの理由(相当性)でなければやはり解雇は無効となります(労働契約法16条)。

労働基準法では、労働者からの求めがあれば、会社は詳しい解雇理由を記載した解雇理由証明書を発行しなければならないと定められています(労働基準法22条1項、2項)。

解雇する理由が合理的で妥当性があるか、をちゃんと説明できるように準備しておく必要があります。

法律 についての関連する質問