ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2582
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

主人が以前離婚した時に、ローンが残っていた家があったので、住む人がローンを令和2年の3月末までで、あちらの奥様とお子さん

ユーザー評価:

主人が以前離婚した時に、ローンが残っていた家があったので、住む人がローンを令和2年の3月末までで、あちらの奥様とお子さんが住むことを認めていました。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: あちらが出て行ってくださらなくて大変困っています。 今年の四月には住宅ん売却して折半と、調停で決まっています。 でもこのまま居座られたら私と主人との住宅購入ができません。 主人はもう55歳です。 頭金2000がせっかくたまって3400万のマンションが購入できるとこの四月を待っていたのですが、のらりくらりと理由をつけと住み続けています。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

どうしても現住人が退去しない場合、最終的には裁判所へ住宅の明け渡し訴訟を提訴し、強制執行を図ることになるかと存じます。

ですが、それまでは更に時間が掛かってしまい、ご相談者様の精神的な負担も増すかと。

対応策としては、弁護士へ依頼し代理人として元奥様と子供様に立ち退くよう交渉して貰ったらいかがでしょうか。

無論、それで絶対に立ち退くとは言えず、最初にお伝えした通り強制執行を以て立ち退かせるしか方法がなくなるかも知れませんが、当事者同士で協議するより、第三者、それも専門家を介した方が話がスムーズに運ぶやも知れません。

一度、お住いの地域の法テラスへご相談なさってみてはいかがでしょうか。

法テラスでは様々な法律事案に対応し、必要であれば弁護士の紹介も行います。

ご一考ください。

法テラス東京↓

https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/tokyo/

質問者: 返答済み 10 日 前.
22823;変わかりやすいお答えをありがとうございました。
調停で決まったことが全て守られるわけではないのですね。よく考え、今後の行動に移したいと思います。ありがとうございました。

ご返信、ありがとうございます。

とんでもありません、本来は調停で決まった内容は絶対です。

ただ、どうしようない事も発生します。

本来は、現住人にそこへ居座る権利も無く、また、ご相談者様の将来設計を阻害する資格もこれぽっちも無いのですが。

即効性のある解決策を提示できず申し訳ありませんが、ご主人様とよくご相談の上、進めて頂ければと存じます。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問