ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1440
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめまして、 消費者金融で借り入れをしていまして、裁判所から強制競売開始決定という通知が届きました。

ユーザー評価:

はじめまして、
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 消費者金融で借り入れをしていまして、裁判所から強制競売開始決定という通知が届きました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: こちらに請求債権目録とありまして、そちらの金額を支払いすれば取り下げになるのでしょうか?金融会社の方は裁判費用などもかかっていますのでそちらも支払わないといけないと言われています。

裁判所から強制競売開始決定という通知が届いたとのことですが。裁判所が競売開始を決定したからといって、すぐに競売入札が実施され、売却、強制退去となるわけではありませんが、対応できる時間はあまり残されていません。裁判所から競売開始決定通知が届いた後でも、競売を回避することは可能です。競売の開始決定後に競売を中止・回避するには、個人民事再生と任意売却の2つの方法があります。請求債権目録の金額を支払いすれば取り下げになるわけではありません。競売にかけられたときは、個人民事再生を申し立て、裁判所に競売中止命令を出してもらうことで、競売の進行を止めることができます。個人民事再生の再生計画が認められれば、自宅を売却することなく生活の再建が可能です。もうひとつは任意売却を債権者に申し出て、調整がつけば、債権者に競売の申立てを取り下げてもらうことができます。一般的に、債権者にとっても任意売却の方が競売に比べてメリットが大きいので、競売申立て後でも、交渉次第で任意売却が可能です。現時点で貴方がどの方法をとったら最善か、直接打ち合わせができる弁護士に相談してみることをお勧めいたします。法テラス等の弁護士無料相談等を使用することもできますので、なるべく早めに方向性をお決めになることがいいかと思います。

bonds-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問