ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8454
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

亡くなった母が公正証書遺言を残していたのですが

ユーザー評価:

亡くなった母が公正証書遺言を残していたのですが
「左記各不動産及び預貯金を含む全ての財産を」長男の私に相続させると記した上で
「及び預貯金」の部分が取り消し線で抹消されています。
「不動産を含む全ての財産を」と読めるので、預貯金も含まれるように受け取れるのですが、どう解釈すべきでしょうか?
ちなみに、父親とは30年にわたり別居しており、預貯金を父親と分割するように指示しているとは考えにくいです。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 確認したいことは、この1点のみです。面談の時間が撮りにくいため、現物が必要なら画像のやり取りなどでご相談したいです

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、その訂正の二重線は、誰がしたのでしょうか。

そもそも、公正証書で、公証人が、そのような文面を作るとは考えられません。

公正証書を作成時に修正してきちんとしたものにするはずです。

原本がどうかです。

公正証書は、正本と謄本の原本のコピーのようなものを遺言者は渡されているので、原本は、公証役場にあるので、再度、発行してもらえば分かります。

公正証書を勝手に修正するのは無効です。

公証役場で修正はします。

とは言え、全ての財産とあるので、預貯金も現金も含むはずですが、そのままでは、手続に銀行が応じないかもしれませんので、公証役場で、再発行してもらうと良いでしょう。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございました。

また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメント対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問