ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3011
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

こんにちは。私は、農業法人に雇われて働いている従業員です。通勤中と業務中の車の運転で万が一事故が起きた際に、会社に責任を

ユーザー評価:

こんにちは。私は、農業法人に雇われて働いている従業員です。通勤中と業務中の車の運転で万が一事故が起きた際に、会社に責任を負わせないようにするための方法について伺いたく、質問させていただきます。僕は不随意運動(発作性運動誘発性舞踏アトテーゼ)の症状をもっており、現在は、投薬治療を続けない限り、車の安全な運転ができないと医師から判断されています。また、そのことを自分の周りの人に告知しています。そこで、僕が車での通勤中また業務中の車の運転で万が一事故を起こした場合、「病気があるのを知っていながら、車を運転させた」として、僕の雇用者に大きな責任が及んでしまうので、車の安全な運転ができるという証明として、医師の診断書が必要だと会社の経営者から告げられました。「投薬治療を続ける限り、車の安全な運転はできる」との証明は医師からいただいています。しかし、労務の専門家に相談した経営者いわく、投薬治療を続けているという事実の証拠がなければいけない、ということでした。そこで、質問を幾つかさせてください。①薬を飲んでいるという証明と、投薬治療を続ければ車の安全な運転ができるとの医師の診断書があれば、万が一私が、自分の疾患が原因で事故を起こした場合でも、会社は責任を問われることを防げますか ②自分が薬を飲んでいるところを毎日録画してスマホに動画として残しておけば、毎日薬を飲んでいたという証明になり、万が一の事故の際に証拠として有効になりますか です。これから自分が通勤に車を使い続けられるか、業務で車を使用できるかがかかっていますので、非常に焦っています。どうか回答をよろしくお願い致します。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 京都府です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません。

回答者tzx75が対応させていただきます。

本来、「投薬治療を続ける限り、車の安全な運転はできる」との証明を医師がしているのであれば、それで問題なないでしょう。

毎日録画していたとしても、単なる気休めといったところではないでしょうか。

事故については、通勤は会社の責任は何もありません。

業務中は正常な人でも事故は起こし、その場合は会社が使用者責任として責任を問われますから、特にあなたが事故を起こしたからと言って特別に会社が大きな責任を負わされることはないでしょう。

ただ車については、現在は自動的に追突等をしない車があるのでそう言った車種を選ぶ程度のことは必要でしょう。

専門家287tzx75をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
21839;題は解決しました。お付き合いいただきありがとうございました。

法律 についての関連する質問