ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 404
経験:  弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

会社の口座が凍結されているかどうかを従業員が確認する方法はありますか?(会社の口座番号などの情報を知っている場合)

ユーザー評価:

会社の口座が凍結されているかどうかを従業員が確認する方法はありますか?(会社の口座番号などの情報を知っている場合)先月社長から、口座が凍結されたので、給料を支払えないと言われました。
元社員に訴訟を起こされて、その方の弁護士により凍結された、とのこと。(労働審判ではなく民事と聞いています。)
振り込め詐欺の口座ではないのは明らかなのですが、そもそも、訴訟を理由に企業の口座を凍結すること自体可能なのでしょうか?

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

訴訟に先立ち預金債権を仮差押えすることで、事実上口座を凍結することは可能です。

ただし、訴訟での請求額を超える部分まで差し押さえること、つまり口座全体を凍結することは許されません。

あり得るとすれば、もともと会社の預金口座の残高が少なく、訴訟の請求額を差し押さえられると給料として支払うべき残高がない、という可能性は考えられます。

なお、会社の口座に対する差押えの有無を他人である従業員が調べることは難しいと思います。

また、そもそも会社の口座にお金が残っていようがいまいが、給料日に給料を支払うのが雇用者である会社の絶対的な義務です。おそらく口座凍結は経営者の単なる言い訳だと思いますが、労基署に相談して、期日どおり給料を支払うことを会社に指導してもらうことをお勧めします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12456;イティ様
ご回答ありがとうございます。
そうすると残高が訴訟額より少ない場合は、事実上口座全体の凍結を意味する、ということになりますか?社長から、銀行からの融資1500万が確定したので、着金後すぐに給料を支払う、と事前に聞いていました。
しかし、
着金後すぐに凍結されたから、私たち従業員の誰かが、訴訟を起こしてる元社員に情報を漏洩したとしか考えられない、情報の扱いは本当に気を付けてくれ、と給与を支払えない理由は私たちの責任であるかのように言われています。
そのように言われてしまったため、全従業員は凍結が解除されるまで待つしかない、と思っています。現時点で、賃金未払いは8ヶ月続いており、退職した従業員たちがすでに労基署へ相談に行き、指導もすでに入っています。どのような指導があり、それに対して社長がどのように対応しているのかは不明です。
エイティ様が仰るように、賃金支払いの目処が立たず、口座凍結という口実を作っている気はします。

「残高が訴訟額より少ない場合は、事実上口座全体の凍結を意味する」というのはその通りですが、訴訟の結果が出て凍結が解除されたとしても、敗訴であれば、他の従業員の給料支払いに充てられるわけではありません。

8か月もの給料未払いは異常だと思います。詳しい事情は分かりませんが、従業員の皆さんも会社の倒産を視野に入れて対応をお考えになるべきであるように思われます。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12456;イティ様
わかりやすく教えてくださり、ありがとうございました!

高いご評価を頂きありがとうございました。

また何かございましたら、ご相談下さい。

法律 についての関連する質問