ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8473
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

損害賠償請求ができるケースはどういうものがありますか? もしくは、どの様な証明が必要でしょうか?

ユーザー評価:

損害賠償請求ができるケースはどういうものがありますか?
もしくは、どの様な証明が必要でしょうか?
例えば、訴訟を起こすことになった案件の対応に時間がかかり、本来の業務ができず、利益を得ることができなかった、と言う場合は、損害賠償請求の対象になるのでしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、損害賠償請求となると、一般的には、不法行為による、実損が生じたものになります。

この不法行為が無ければ、これだけ儲かったと言うのは、相当因果関係が必要になります。

そのことを証明しないといけません。

また、不法行為があった事実も、被害者が証明をします。

例えば、交通事故の入院等で、就業が出来なければ、その日数と日給を計算します。

また、後遺障害があれば、慰謝料も、計算式は、いくつかあるようです。

いずれにしても、不法行為による損害があれば、請求の仕方がご不明な場合は、弁護士の先生に損害賠償請求をご依頼されると良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
12372;回答いただき、ありがとうございます。
やはり損害賠償請求はなかなか難しそうですね。
参考になりました。ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメント対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問