ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8424
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

82歳の父が同じく82歳の母が浮気をしていたという妄想にとりつかれ毎日もめており、離婚するとまで発展しています。

ユーザー評価:

82歳の父が同じく82歳の母が浮気をしていたという妄想にとりつかれ毎日もめており、離婚するとまで発展しています。
父が疑っている相手は母が習っている絵画の先生で現在90歳を超えられており、父が言うには7年前(母75歳、お相手83歳)で肉体関係があったと言い張っており、自身の日記帳で先生の自宅に車で送っていったのが証拠なので、出るとこに出て証拠として日記帳を提出すると息巻いています。
(内容を見せてもらうとたいしたことは書いてありません)
そして、今まですべての家計を母に任せていたのですが、すべての銀行通帳類を母から取り上げ、毎日1日中不倫妻と罵り、
また、細々としたこと(電気の消し忘れ等)をネタにお金を払うのは父の口座からという言い分で半ば因縁をつけるようなカタチで母を怒鳴りつけます。
母も身に覚えのない濡れ衣で1日中責められるため反論するため、朝から晩まで怒鳴り声が響く家となっています。
父は私の言う事にも聞く耳をもっておらず、離婚だと騒いでいます。
(認知症の進行についてはどちうらかというと母の方が心配という状況です)
渡しとしてはこの際、きちんとした場で決着をつけて、母への疑いをはらし、父母双方が納得したうえで残りの余生を
過ごして欲しいと考えています。
決着がついて、双方が今後の人生を穏やかに暮らせるのであれば、離婚という結果になっても良いのではと思っています。
身内の話は双方効かない為、第3者を交えて決着をつける方法はありませんでしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、認知症の問題は別として、夫婦の問題を冷静に判断してもらうためには、家庭裁判所の調停を申し立てると良いでしょう。

家庭裁判所の調停は、離婚だけでは無く、夫婦関係修復のための円満調停もございます。

調停委員が間に入り、アドバイスとサポートをしてくれます。

また、そこまで喧嘩ばかりするなら、一度、冷却期間をおくためにも別居してみるのも手かもしれません。

質問者: 返答済み 10 日 前.
23478;庭裁判所への調停申し立てはどのように手続きすればよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
21029;居に関しては現在の自宅に50年近く住んでいることから双方出て行きたくない様です。また、専業主婦の母の年金振込口座以外の貯金は全て父が通帳などを抑えてしまったことから、別居すると母の生活が成り立たないと母がおびえています。
質問者: 返答済み 10 日 前.
12418;し、別居するとなる場合は双方の共有財産の分割や年金の分配等をはっきりさせる必要があると思われます。
質問者: 返答済み 10 日 前.
29305;に、どちらが出て行くのかで相当もめると思います。

お返事ありがとうございます。別居と言っても、あくまで、お父様が、落ち着くなどするまでですから、ホテルやご親族のところにお世話になるなどでも良いでしょう。場合によっては、DVシェルターもあり得ます。別居中は、婚姻費用の問題があるので、それも、調停で決めることが可能です。家庭裁判所に申し立てるだけです。調停の費用は、数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。お母様の方から申し立てても良いでしょう。家庭裁判所に同伴してご相談されると良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問