ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2523
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

親族から「あなたを応援するから」といって教育資金をもらいました。その後に気が変わったから返せというような催促の手紙が本人

ユーザー評価:

親族から「あなたを応援するから」といって教育資金をもらいました。その後に気が変わったから返せというような催促の手紙が本人ではなく親に届きました。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 聞きたいポイントは、お金をもらった際に契約書は取り交わさず口頭のみの約束でしたがもらったものを返済する必要があるのか。また、本人ではなくもらった本人の親へ催促することは違法なのか。催促の手紙は、本人や家族を傷つけるような内容が書いてあり、精神的負担が大きいです。

初めまして、ito-gyoseiと申します。

当サイトは『トライアル会員初回500円、一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂き終了とし、また次の質問をサイトトップページから新たに新規投稿して頂くシステムとなっております。

(トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です)

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

Q:お金をもらった際に契約書は取り交わさず口頭のみの約束でしたがもらったものを返済する必要があるのか。

A:贈与とは、「あげる」側と「貰う」側の意思が合致して成立する『贈与契約』であり、片方から相手側の同意を得ず一方的に取り消すことはできません。ゆえに、返還する義務はありません。

Q:また、本人ではなくもらった本人の親へ催促することは違法なのか。

A:親子とはいえ、子の債務を親に支払うよう督促することはできません。

Q:催促の手紙は、本人や家族を傷つけるような内容が書いてあり、精神的負担が大きいです。

A:上記理由により、余りに酷い内容は法に抵触する可能性もあります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。

これは提案ですが、逆に相手方へ、

「返還する意志も義務もない。これ以上の督促は違法である」

として、内容証明郵便で通知してみてはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成すれば1,200~2,000円程度です。

正式な書面で通告されれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度掛かります)

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓

https://kigyobengo.com/media/useful/608.html

内容証明郵便(日本郵便)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓

https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

質問者: 返答済み 13 日 前.
12392;ても参考になりました!

こちらこそご質問、ありがとうございました。

以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』ですが、トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問