ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1422
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

妻と離婚について質問があります。 東京都になります。賃貸で私名義で契約はしております。 他にはとくにございません。

ユーザー評価:

妻と離婚について質問があります。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都になります。賃貸で私名義で契約はしております。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 他にはとくにございません。 宜しくお願い致します。

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます。離婚に関してのご相談とのことですが、具体的にご質問内容を教えてくださいますか?

質問者: 返答済み 13 日 前.
12399;じめまして、宜しくお願い致します。
現在新婚3か月となります。このコロナの中、4月くらいから妻に内緒で友人とキャバクラへ行っていたことがばれてしまいました。
LINEでのやりとり等はありましたが、店以外では会ったことは一度もありません。
月に平均4万程使用していました。
携帯を見せろと言われた際、平手打ちで眼鏡が壊れたり、腹部などを蹴られ、首に肘を押し当てられたりしました。
包丁で刺すよ。とも言われました。
離婚を考えている・(離婚する場合も条件があると言われましたがその条件は聞けておりません。)と妻から言われ、今の家も出ていけと言われ半ば強制的に家を出ていかされました。
現在は実家に戻っております。
自分の行動が悪いということは、自分自身が一番わかっております。
ただ今朝ですが復縁の条件として
・今後の生活費は私が全て負担
・財布は別々だったが、共有口座をつくり全て妻の管理とし小遣い制とする3万
・禁酒
・女性の連絡先は消す
・一緒にキャバクラへ行った友人と縁をきる
以上が条件です。
自分の気持ち的には、罵倒されたことで精神的にとても苦しいの正直なところです。
離婚をする場合慰謝料などどのくらい想定していれば良いのでしょうか。
長文申し訳ございません。
宜しくお願い致します。

ご入力ありがとうございます。今お辛い思いをされていることでしょう。ご心痛お察し申し上げます。結論からすると、奥様に内緒でキャバクラにいっていたことは、離婚原因になりません。ですから貴方が有責配偶者となることはありませんので、貴方が慰謝料請求されることはありません。キャバクラへ行くことも、内緒にしていたことも、平均4万程使用していたことも、離婚の原因となることはないのです。ですから、離婚に発展した場合は、どちらかが原因を作ったという理由で離婚が成立するわけではなく、双方の協議によって離婚になります。

逆に、貴方が奥様に、平手打ちで眼鏡が壊れたり、腹部などを蹴られ、首に肘を押し当てられたりしたことについて、DVとして慰謝料請求をすることは可能です。DVは離婚原因にもなりますし、慰謝料請求の対象にもなるのです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
26089;速のご回答ありがとうございます。腕や手の甲などにひっかき傷等の写真などはありますが、これくらいでは意味をなさないでしょうか?
また携帯を素直に渡しておけば、暴力は振るわれなかったとも思いますがその点は自分にも非があるのかといかがでしょうか。
妻からは、学歴のこと(高卒だから頭悪いんだよね)・稼ぎも少ないのに遊ぶんじゃない(借金はしておらず、自分の給料より出しておりました)、など自分の気にしていることを言われました。
正直そこが自分の中で何かが切れたような感覚です。
妻の言い分としては、私がキャバクラで遊んでいる間に貯金をがんばっていたのに自分の貯金額が少なすぎるということも許せないと言われました。
これに関しては、貯めた貯金など口座を調べて結婚・同棲時から貯めた金額を渡さなければならないのでしょうか。
キャバクラに行った際、婚約者はいると話しておりましたが入籍をしたということは特に話しておりませんでした。
隠していたわけではないのですが結婚指輪が8月中旬まで完成していなかったので、指輪が完成してから話そうと考えていました。

腕や手の甲などにひっかき傷等の写真などは十分DVの証拠になります。携帯を素直に渡しておけば、暴力は振るわれなかったとありますが、どのような場合でっても暴力行為をしてはならないので、それは奥様有利の理由にはならないでしょう。

貯めた貯金など口座を調べて結婚・同棲時から貯めた金額を渡す必要はありません。婚姻状態にある時からの2人の共有財産は離婚時に折半する必要がありますが、婚姻前の財産は法的には個人の財産となります。

そして、キャバクラに行った際の会話等ですが、お店の方に話す内容はお店の中だけでしたら、それがたとえ嘘であったとしても何ら問題はないです。問題となるのは、不貞行為があったかどうかということだけです。そうでなければ、会話内容がなんら問題になることは法的にはございません。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。
婚姻状態からの共有財産とは、現在財布は別々なのですがこの辺りの線引きはどこでされるのでしょうか。
また現在猫を3匹飼っております。3匹とも入籍前に飼い始めました。そのうちの2匹は保険含め私が全額支払い、残り1匹は妻にも一部支払いをしてもらいました。
離婚の際、猫の親権はどのようになるのでしょうか。

婚姻状態からの共有財産とは、協議によってどうするのか決めるのでこれといった決まりがあるわけではないのですが、財布が別々の場合は、お互い結婚後ためた分を申告するか、お互いのためた分はそれぞれの財産とするか、話し合いで決めることができます。
猫を今後どちらかが引き取るかについては、二人の間の子供とは違うので、法的に保険を払っている方が引き取る権利があるというの決まりがないのでそれも話し合いで決めることになるでしょう。2人の話し合いがうまく進まないときには弁護士に依頼したり、調停の申し立てをしたりして第三者に入ってもらって進めるのが一般的です。

bonds-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問