ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1439
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

おはよう御座います, 静岡県です,

ユーザー評価:

おはよう御座います
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 静岡県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: お義父さんが亡くなり色々な引き継ぎをしているのですがお義父さんが親から借りている借金も支払いすべきですか

ご質問いただき、ありがとうございます。

ご愁傷様です。

お父様は事業をされていたのですか? あなたはお父様と養子縁組されているのですか?「お父様が親から借りている借金」これは個人債務でしょうか?

事業は会社組織で、会社の借入金なのでしょうか。

そのあたりのご事情をお知らせください。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12362;義父さんが個人的に借りている個人債務です、事業はしておりません、

ご返信いただき、ありがとうございます。

お義父さまが借りていた借金は、負の資産として相続人が負います。あなたが養子縁組されておられるのであれば、お義母さまと実子、あなたで相続することになります。

前の専門家が退室されましたので引き続き対応させていただきます。お義父さんが個人的に借りている個人債務があるとのことでしたら、限定承認か相続放棄をされると借金部分について相続人は責任を負わなくて済むことになります。限定承認とは、民法上、相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続することです。つまり、負債分がある時はそれを支払わなくて済むということです。相続財産をもって負債を弁済した後、余り(プラス分)が出ればその分は相続できます。

bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1439
経験: H30年 行政書士事務所開業
bonds-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問