ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1418
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

46歳の兄が両親と同居し出て行けと言われても出て行かどころか、殺したろか等の虐待をしています。地域包括センターでも介入が

ユーザー評価:

46歳の兄が両親と同居し出て行けと言われても出て行かどころか、殺したろか等の虐待をしています。地域包括センターでも介入が出来ず、強制退去させる方法はないでしょうか。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪市です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 親にお金を借りては返さず、痴呆が進み整理整頓が出来ない両親の物を勝手に捨てたり、殴る真似をした、壁に拳を殴り付けたり自分の思い通りにならないことは全て親のせいにし、母は前から泣いており、今日は父まで娘の私の前で涙を流しました。

初めまして、それはお辛い現状ですね、ご心痛お察し致します。そして分かる範囲で対応させていただきます。

まず、親であり子であるということは、法律上は『直系血族』ですので、お互いに扶養する義務があります(民法877条1項)が、それ以外のことは法律で明確には定められておらず、実務上の運用を参考にせざるを得ません。また、扶養を受ける者と扶養をする者の間で、扶養の内容や程度について見解の対立がある場合には、家庭裁判所による扶養調停(不調の場合は審判)の手続を利用し、裁判所の関与のもとで決めるほかに方法がありません。ですから、まず現時点で弁護士に相談してみることをお勧めします。扶養の内容および程度を定める一環と理解するなら、親の側から家庭裁判所に扶養の調停を申し立てることができますし、単純に家から出て行かせることを求めるなら地方裁判所もしくは簡易裁判所に請求訴訟を提起することもできます。最終的に追い出すことができるかどうかは、弁護士が決められることではなく、裁判所が決めることですが、ご自分では順序や進め方がわからないでしょうから、弁護士に依頼して早期に裁判手続を利用されることをおすすめします。お住まいの地域の法テラス等で無料相談等がるかと思いますので、まずはそこから始めてもいいでしょう。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;返信有難うございます。ただ両親と同居している中での裁判になることで両親は危害が加わることがとても心配なのと、兄はろくに郵便物も見ないので裁判所からの案内を見るのかという懸念もあります。兄と私も先週3時間程話しましたが全て自分の都合の良く解釈している為裁判官が正しい判断をしてくれるとは思っていますが…その過程が難しく感じました。
質問者: 返答済み 14 日 前.
20309;度も申し訳ありません。両親を一時的に避難させることは金銭的には問題ありませんが、痴呆が始まっているのと、定期的に自宅近くでの通院があるのも、マンスリーマンション等への避難は難しいのです。

確かにご同居なさってる状態からであるとにかスムーズにいかないこともありますでしょう。そのため、家庭問題に精髄している弁護士に依頼し、間に入ってもらうことによって少しは緩和されるかと思うのです。そして、裁判ではなくまずは調停という形なので裁判官ではなく調停員が進めていくことになります。地域包括センターのような強制力がない機関ですとどうしてもアドバイスしてもらうことしかできない為、方法としては、調停や裁判しか残っていないのが現状かと。痴呆も進んできているということですので、なるべく早めに進めた方がいいと思うのです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
36820;信ありがとうございます。まずは法テラスにコンタクトしてみます。以前個人弁護士の無料相談へ行って何も解決策がないと言われ諦めていましたが、諦めずアドバイスの通りにまず一歩踏み出したいと思います。

はい、なかなか受けてくれる弁護士も少ないかもしれませんが、専門知識を持った第三者が入ることで円滑に進むことが予想されますので、探してみてください。その他に役所の弁護士無料相談等で、家族問題を主に扱っていり弁護士を探してみるのもいいかと思います。

今回のご質問が一旦完了であれば、お客様の方でも完了させるため、最後に画面の星マークにてご評価をお願い致します。トライアル期間であれば、追加料金なしでご質問できますので是非ご利用ください。この度はご利用ありがとうございました。

bonds-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問