ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2597
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

写真の二次使用について教えてください。以前写真を使ったカードを作成しました。その際に、写真は写真家さんにお願いして、双方

ユーザー評価:

写真の二次使用について教えてください。以前写真を使ったカードを作成しました。その際に、写真は写真家さんにお願いして、双方納得の上約10万円でお支払いを完了しています。一切契約書などは締結していません。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 仕事は東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 写真カードの売れ行きがあまりよくないこともあり、今後はカード認定などのプロモーションをして、売上げ推進していきたいと思っています。この場合、写真家さんとはなにか契約をした方がよいのでしょうか。どういうケースが二次使用にあたるのか、どんな契約を締結したらよいのか教えてほしいです。
最初の契約がどういうものかは分かりませんが、写真のデータはもらってるのでしょうか?
質問者: 返答済み 15 日 前.
20889;真のデータは受領しています。それで写真入りのカードを作成済みです。

写真のデータをもらっているということは写真の所有権をもらったとみなすことができます。契約書に写真の所有権は移転しないという文言があれば別ですが、契約書もなく、写真のデータをもらっているということから判断すると、写真をどのように使うかは質問者様の自由であるということを主張することができるでしょう。この場合、二次使用に当たらないと考えられます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
22238;答ありがとうございます!カード販売を推進したくて、インスタグラムでカード写真を掲載して投稿したところ、写真家より「相談もなく掲載するとは!」とクレームが入りました。「カードの推進だから二次使用として請求するつもりはないが、今後は企画段階で相談してほしい」とのこと。なにか契約書があった方がいいのかと思っていますが、どのような契約を締結したらよいでしょうか。
写真の所有権がどちらのものになるかを明確にした方がいいでしょう。写真家の方に所有権が残るようであれば、企画ごとに承諾をもらうという条項をつければいいです。質問者様に所有権が移るということであれば、以降は自由に写真を利用できるということにすればいいです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
25152;有権の明確化ですね。承知しました。ありがとうございます!

法律 についての関連する質問