JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1992
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

退職勧奨についてご相談先を探しています。 千葉県です。 こちら、相談は無料でしょうか? 承知しました。料金を確認します,

ユーザー評価:

退職勧奨についてご相談先を探しています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 千葉県です。 こちら、相談は無料でしょうか?
JA: ジャストアンサーのご利用には若干のお支払いが必要です。詳細は次のページでご案内いたしますが、非常にお手頃に設定されています。
Customer: 承知しました。料金を確認します
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 具体的にいうと、退職勧奨を短期間に何度も面談されており、木曜に拒否をきちんとしめしたところ、昨日人事から退職勧奨をうけなければ、本日解雇といわれました。(転職支援金は払うとのこと)

初めまして、ito-gyoseiと申します。

当サイトは『トライアル会員初回500円、一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂き終了とし、また次の質問をサイトトップページから新たに新規投稿して頂くシステムとなっております。

(トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です)

宜しくお願いします。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

会社が従業員に対して退職勧奨を行うこと自体には違法性はありませんが、拘束力もありません。

また、執拗過ぎる勧奨などを行った場合は違法とされた判例もあります。

<全日本空輸事件 大阪高裁 平成13年3月>

○ 退職強要の期間が4ヶ月

○ 面談の回数が30回

○ 面談時の発言が客室乗務員に向け、社会通念上、許容しうる範囲を超える発言を行った

結果、解雇は無効となり会社が敗訴しています。

また、最高裁の判断は「退職勧奨の回数が執拗すぎる」とし、違法とした例もあります。

このように退職勧奨は何度も行なってしまうと、違法性が高くなります。

ただ、「何回したら違法」ということは決められていません。

ご相談者様の件では、会社は「まず、退職ありき」で挑んできている様子がありありと見て取られ、配置転換などを検討した様子も見当たらず、また、就業規則の規定に沿った解雇でるとも思えません。

また、退職勧奨に応じない場合は即解雇などという処遇は不当解雇にあたるかと存じます。

一度、労働基準監督署へご相談なさってみてはいかがでしょうか。

労働基準監督署では会社に対して適切な助言や指導を行い、必要であれば会社と従業員との仲裁役も果たし、またそれでも解決に至らない場合は労働局の『あっせん』という制度を利用するという方法もあります。

ぜひ、ご一考ください。

個別労働紛争のあっせん(中央労働委員会)↓

https://www.mhlw.go.jp/churoi/assen/index.html

質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;返信をいただきましてありがとうございます。労働基準監督署には、退職勧奨を受けた時点で相談に一度向かいました。
といいますのも、会社では私以外の社員にも同じように強引な退職勧奨がおこなわれており、私の同僚も、理不尽な対応により退社をしております。(会社都合での退職)会社としての退職勧奨の理由は以下の通りでした。
・度重なるほか従業員との不和をおこしていた
・配置換えをしても、改善がみられなかった
・会社としては今後も不和を起こす可能性があり、会社としては今後も一緒に働いていく事は難しいという判断。
・退職勧奨を受けたのちには自己都合退職
・不和について決定的になった事例について提示なし(過去の面談の内容を繰り返す)このまま残ったとしても、私自身に精神的なダメージも大きくなるために、
このまま退職に応じようと思っていますが、
月曜日に用意している「退職合意書」について、気になています。
内容によっては、こちらが不利になる対応で合意されるのではないかと感じているからです。
確認する点、気を付ける点などあれば、ご教示ください。

ご返信、ありがとうございます。

既に労働基準監督署には相談済みだったのですね。

失礼致しました。

ご自身の精神的負担を考慮し職を辞するのであれば致し方ないかとも存じますが、あくまでも退職勧奨が発端であり、『会社都合での退職』とさせたい部分はあります。

また、ご承知置きかとは存じますが、解雇予告手当の支給もご確認頂ければと存じます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
62;また、ご承知置きかとは存じますが、解雇予告手当の支給もご確認頂ければと存じます。
こちらはどういった意味でしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
21512;意書に記載があるか確認という認識でよいでしょうか?]
質問者: 返答済み 10 日 前.
12414;た、会社都合、自己都合、どちらにもメリットとデメリットはあると認識していますが、
通常、退職勧奨をうけて退職合意書を交わす、また退職に応じたとしても、
「会社都合」となると労基の方からお伺いしました。
この点で、会社から「自己都合で退職届を提出するように」と言われた場合、どうしたらいいでしょうか?
失業保険の点というより、会社の不当な退職勧奨が続くことについて、どうにか是正が入らないかと思っています。

解雇に際しては最低でも30日以前の通告、または一ヶ月分の給料を「解雇予告手当」として支給することが法律で定められています。

こちら、合意書への記載があるかをご確認ください。

解雇予告手当てとは

https://roudou-pro.com/columns/4/

質問者: 返答済み 10 日 前.
20170;回の退職合意書は、「解雇」ではないので解雇内容については記載がないのでは?と思っていたのですが、そうではないということですか?

はい。

いささか少しお待ちください。

順番にお答えします。

会社としては、「解雇をすると会社の評判が落ちる」「解雇をしないことを条件に支給されている助成金がある」などの理由により、会社都合とするべき退職であっても、できるだけ自己都合で処理したいと考えます。

ご相談者様の件では、会社から「退職してほしい」と持ちかけているので、労基署の言う通り本来は会社都合退職とするべきです。

ところが、本人が退職願を提出すると会社やハローワークは「退職を最終的に決めたのは労働者自身である」と受け取って、自己都合退職として処理される可能性が高くなります。

前述の通り会社都合の退職であれば待機期間なしで失業保険の給付を受けられたり解雇予告手当を支給されたりするのですが、御社は、度々の退職勧奨の末、「退職勧奨を受け入れなければ解雇」とまで言っておきながら、ご相談者様が“自ら進んで”退職した体を繕おうとしていると見受けられます。

この状況での合意書は、一方的にご相談者様に不利益であると思量します。

あくまでも「会社都合の退職」とすることを要求すべきであると存じます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
36578;職支援金(給与6か月分)を受け取る代わりに自己都合退職で。と言われた場合どうしたらよいでしょうか?
また、合意書について、この場でサインをと求められた場合、どのように切り抜けたらよいでしょうか?
できれば、一度持ち帰って知識のある方に相談したいと思っています。それを主張することは可能でしょうか?

〇失業保険の点というより、会社の不当な退職勧奨が続くことについて、どうにか是正が入らないかと思っています。

A:会社が一番懸念しているのは、正にここなのでしょうね。ゆえに『自己都合』にさせたいと。

〇転職支援金(給与6か月分)を受け取る代わりに自己都合退職で。と言われた場合どうしたらよいでしょうか?

A:これはご相談者様のご判断次第です。会社の不当解雇の慣習を是正させるのを優先さするか、ご自身の利益を優先させるかです。
〇また、合意書について、この場でサインをと求められた場合、どのように切り抜けたらよいでしょうか?できれば、一度持ち帰って知識のある方に相談したいと思っています。それを主張することは可能でしょうか?

A:「持ち帰って検討します」の申し出は、決して不条理ではないと思量します。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問