JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士エイトに今すぐ質問する
弁護士エイト
弁護士エイト, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 350
経験:  弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士エイトがオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。今回もよろしくお願いします。

ユーザー評価:

先日はありがとうございました。今回もよろしくお願いします。
相続についてですが認知した子供の相続を父親と生前に調停で話し合いで決めておくことは可能でしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
12414;た私が亡くなった場合子供をどうするのかを調停で
で話し合い取り決めておくことはできますか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
37325;ねてすみません。
また私や子供が亡くなった場合父親に誰かが知らせない限り知ることはないのでしょうか?

弁護士のエイトです。今回もご指名いただきありがとうございます。

相続について、お子さんのお父様と生前に話し合うというのは、任意の交渉で行うべきもので、調停にはなじまないと思います。何か紛争があればその解決を図ることが裁判所の役目ですが、相続の紛争は相続が始まってから(被相続人が亡くなってから)の問題だからです。
また、任意の話しあいで何らかの合意ができて遺言書が作成されたとしても、遺言書は後からいくらでも書き直すことができますので、あまり意味がないということになります。

ご相談者様が亡くなった場合にお子さんをどうするか、というのも、同様の理由で、調停にはなじみません。
なお、ご相談者様が亡くなった場合、親権はお子さんのお父様に自動的には移らず、お父様からの親権者変更申立てか、あるいは他のご親族による未成年後見人選任に申立てにより、誰がその後のお子さんの面倒をみるかが決められます。
また、ご相談者様は、遺言で誰が未成年後見人となるがを指定しておくことができます。ただ、この指定は拒否できますので、信頼できる方に事前に承諾してもらうことが実効性をもたせるために必要です。

ご相談者様が亡くなった場合やお子さんが亡くなった場合に、お子さんのお父様への連絡が自動的になされることはありません。
伝えたい場合には、どなたか信頼のおける方に、事前に頼んでおかれる必要があるかと思います。

以上のとおり、ご回答申し上げます。

弁護士エイトをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
20309;度もありがとうございます。
また不安なことがありましたら相談させていただきます。

こちらこそ、ありがとうございました。

またご相談下さい。

法律 についての関連する質問