JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 950
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

先ほども問い合わせさせていただきました。 妻とのことで、離婚となった場合 慰謝料、親権、養育費等はどうなりますか?

ユーザー評価:

先ほども問い合わせさせていただきました。
妻とのことで、離婚となった場合
慰謝料、親権、養育費等はどうなりますか?私44歳年収今年見込み550万
妻扶養パート
長男14歳中3
長女9歳小4持ち家 土地700万円
家2200万
ローン残高1200万です。先ほどの相談ではモラハラでもDVでもないとのことです。よろしくお願いします

ありがとうございます。家はもしが離婚をしたらどのようにするお考えですか?

例えば、売ってしまうとか、子供と住む方が今の家に住むとか。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12393;ちらでも考えていました。
すみません
子どもとすむほうがすむ案と
売る方と両面でお答えいただけますか?あと親権ですが多分長男はこちら長女は妻につくと思います。
僕と長男は家を出て僕の実家がおなじ市内なのでそこにうつると思います。

ご返信ありがとうございます。あと、もう一つ教えてください。下のお子様も、もう意志があるので、お子様自身の意志が尊重されますが、下のお二人はどちらと住むのを望みそうでしょうか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
23478;族構成
子どもは
長男14歳中3
長女9歳小4です。長男が私につく長女が妻につくお父さんのことは怖がっていますのでお母さんにつくと思います。子どもたちは離婚しないでくれといってはいますが今の状況だと価値観のすれ違い平行線がずっと続くので家族継続難しいと思います。

ごめんなさい、お子様はお二人ですね、養育費についてですが、現在の収入で計算しますと、長女を引きとった奥様へ貴方の養育費の相場は、4~6万。長男を引き取った貴方へ奥様からの養育費が1~2万円。相殺して貴方が奥様へ約3~4万円支払う形になると思います。

そして、家ですが、基本離婚と同時に売ったらプラスになった分は、財産分与として半分ずつにするのが通常です。しかし、例えば、奥様とお子様が住むことになったとしても、名義人はそう簡単に変えることができないので、名義は貴方のまま奥様とお子様が住むことになります。そうすると、先ほどの養育費と相殺することにすることが多いので、例えば家の月のローン額が6万円だとしますと、養育費が先ほどの相殺により貴方が奥様へ3万円支払うことで決定したとすると、6-3で奥様は貴方に3万円家賃として支払うことになります。

協議なのでこの通りにはいかないと思いますが、通常合理的に決めるのであれば上記のような決め方で決めていきます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。
妻と子どもたちが今の家にすむのであれば家賃としてつまに請求できるということですね。
それにより家のローンを払うことで養育費と差し引いて3万もらうことになるんですね。
あと慰謝料は発生するのでしょうか?
妻は精神的苦痛からDVだと主張すると思いますが、先ほどの質問で夫婦喧嘩となっていますのでそこは大丈夫なのでしょうか?こちらも仕事のこと給料が安いこと、遅くまで仕事してきたのに心配の一言もない。
妻は実家がうまくいっていないことから結婚した理由がだれでも良くて実家から逃げたからったことだとなってます。
失言で傷つけてしまったことは何度かありますがそういうことから慰謝料ってはなしにはなるのでしょうか?

ひ、奥様とお子様が今の家にすむのであれば家賃として養育費と相殺した額を奥様に請求できます。
家のローンを額と決定した養育費とを差し引いた額が奥様の支払い分になります。奥様の収入がはっきりわかりませんが、離婚が決定した際には、裁判所から出ている養育費算定表というものがあり、インターネットで検索すると出てくるので参考にしてみてください。

慰謝料は先ほどのお話を聞く限り、発生しないと考えていいと思いますよ。ただ、奥様が弁護士を依頼して、慰謝料をとるような準備をするのであれば、多少慰謝料が発生するかもしれませんが、どちらも有責配偶者(離婚の原因を作ったのがどちらかである場合)ではないので、慰謝料は通常でしたら発生しない件と考えていいでしょう。

bonds-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございました
わかりました。
とてもすっきりしました

ありがとうございます。協議(話し合い)になると、合理的に進まないのであくまでも参考にしてみてください。

法律 についての関連する質問