JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1144
経験:  所長
64397026
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

弁護士」「 無料相談」 で検索したら、こちらが出てきました。 無料ですか?

ユーザー評価:

弁護士」「 無料相談」 で検索したら、こちらが出てきました。 無料ですか?
JA: ジャストアンサーのご利用には若干のお支払いが必要です。詳細は次のページでご案内いたしますが、非常にお手頃に設定されています。
Customer: 「ジャストアンサーのご利用には若干のお支払いが必要です。詳細は次のページでご案内いたしますが、非常にお手頃に設定されています。」 の”次のページ”とは?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 群馬県
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: いいえ
質問者: 返答済み 13 日 前.
30693;人の車に本人の依頼を受けて電装品を取り付けた。(仕事ではなく手間賃無しで、取り付けは同意のもと。)
2ヶ月ほど後に、その電装品と車両を繋ぐ部分(線?)から発火して、車が全損となった。
接続方法に不備があったのか、使用上での問題なのかは焼損していて不明(こちらの保険会社の判断)。
その後、相手は、相手の車両保険で車両代(4年使用の車両)として300万支払いとなり車両を購入した。
その車両(同型の新車)購入額が465万であり、165万足りないと要求されている。
支払い義務はありますか?

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

発火原因不明な中、その時点であなたに責任があるとはいえません。完全で保証のある工事を望むのであれば、カーショップやディーラーに持ちこむべきでした。

また、車両保険での保険金が300万円であったことは、自動車が減価償却されて価値が下がっている、つまりそれだけ使用して価値がなくなったから300万円なのです。

300万円の価値しかないにも関わらす、新車価格を提示するのには無理があります。

たとえ交通事故で自動車が廃車になったとしても、車両保険の保険金額は300万円になります。

そうはいってもあなたに依頼するぐらいですから、親しい仲なのでしょう。次年度の任意保険代は上がりますから、その分を見舞金として払うと言ってあげてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 13 日 前.
30340;確なご回答、ありがとうございます。
車両保険支払額と納入額の差額分に支払い義務がない旨、理解できました。
頂いたアドバイスに従い、要因が不明であっても、起きてしまった損害に対して“こちらの誠意”を示す目的で“慰謝料”的な支払いをするのが正当との判断で宜しかったですか?
例えば、その“慰謝料(?)”額に対して、先方で不満が残り、要求の165万全額を求めるような訴訟等に発展する可能性等はないのでしょうか?

ご返信いただき、ありがとうございます。

「見舞金」名目であれば、あなた的に納得いくでしょう。

訴訟にしてくる可能性はないとはいえませんが、あくまで車両の価格は現在価値で算定されます。持ち主は保険でその弁済を受けているわけで、訴えの利益はなく棄却されるのが普通です。

ただ訴訟になった場合は反論しないと敗訴してしまうので、訴状が届いたら弁護士に相談しましょう。

dai60962000をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございました。 心のつかえがとれました。 今後、何かの際には改めて相談させて頂きます。
質問者: 返答済み 11 日 前.
12418;う一つ、教えて頂けると幸いです。
「要因不明」なのですが、もし、こちらの施工に過失がったと判断が変わった場合、支払い義務に変化は生じますか?

無償とはいえ工事を受諾したわけですから、火災の責任を負います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36805;速なご対応ありがとうございます。
本件について順を追って説明させて頂こうと思います。昨年8月頃に、先方の依頼で先方の車両(購入後4年)に電装品を取り付けました。
その2ヶ月後、その電装品と車両の間(電線と思われる)より発火し、車両が全損となりました。先方は、先方の車両保険を適用(300万)で新車(450万)を手配し、新車を購入しました。
当方は、当方の保険が適用となり、積載物と諸経費(購入額+発生額170万)について計80万が支払われました。しかし、先方は「車両費の差額(150万)と積載物の差額(90万)の合計240万が不足している」と要求してきました。折り合いをつけるため、先日、見舞金として80万を渡しましたが、「新車の購入差額に相当する160万が不足している」と請求を続けています。この160万について、支払う義務はありますか?
(繰り返しになるようで、申し訳ありません。 開始からこのように相談すればよかったです。)
質問者: 返答済み 11 日 前.
35036;足します。 知人ですので、取り付けに際しては仕事では無く、工賃等はなしで取り付けました。

新たに「積載物」の補償という事柄が出てきました。それも含めまして更問いということですので、Q&Aの延長を申請させていただきます。

ご承認いただければ幸いです。

法律 についての関連する質問