JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1708
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

現在、不倫相手の妻から慰謝料を請求されています。相手との交際期間は4ヶ月で私からで一度バレて次に連絡とったら100万と誓

ユーザー評価:

現在、不倫相手の妻から慰謝料を請求されています。相手との交際期間は4ヶ月で私からで一度バレて次に連絡とったら100万と誓約書を交わしましたが相手からまた再度交際の連絡と離婚を考えてると言われてそのままグダグダと関係を継続・・。興信所を利用し関係がばれ600万円の慰謝料を請求されています。現在離婚前提で200万円の一括、100万円分割、合計300万円を請求されましたが、まだ離婚調停等は行ってないみたいです。(夫側にも100万円の慰謝料を要求してるみたいです)前に夫側と慰謝料を請求されたら全額支払うと誓約書をかわしたのでおそらく支払ってくれるとは思いますがそれもどうなるかわかりません。 後日、公正役場でお会いするのでその際に公正証書を作成します。その際離婚をしなかった場合減額してもらうのと、今後相手との連絡を離婚するのにとるなと言われた時に反論はできるのでしょうか?正直やり直すつもりはないです。最初に誓約書を交わした時に口外はしないと約束したのですが会社の社員たちが知って流らしいです。 (私も相手も相手の妻も産休中ですが同じ会社で私は最初の発覚時点で退社を命じられたので退社 彼も今回の件で周りに知られてるのもあり代謝しました
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今回この場合慰謝料として400万円(相手100万私300万円は妥当なのでしょうか?)また今回この件についておそらく上司に妻が口外したと思うのですがこれに対しては何か反論できるのでしょうか?

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

一般的に不倫での慰謝料は、結婚10年程度の夫婦が不倫を発端に離婚に至った場合で、200~300万円程度と言われています(収入や社会的地位などで変わりますが)。

ご相談者様の場合、不倫発覚により職まで失い、しかもその原因が相手方妻にあるとの様子、この請求金額は高いと言わざるを得ません。

〇離婚をしなかった場合減額してもらうのと、

A:現時点で離婚協議にすら入っていないのであれば、今の時点(不倫はしたが離婚に至っていない)での金額で請求するよう求めてください(後で減額など、いつまでも揉め事を引き摺るだけです)。

〇今後相手との連絡を離婚するのにとるなと言われた時に反論はできるのでしょうか?

A:相手方が妻と離婚すれば、妻が夫に対して持つ貞操権は消滅する訳ですから、誰が誰と連絡を取り合おうと自由です。

〇最初に誓約書を交わした時に口外はしないと約束したのですが

A:それにも関わらず勤務先上司に妻が口外したのではないかと追及するのは構わないのですが、認めない可能性もあります。

どんなに理不尽で法外な請求でも、一旦、公正証書にしてしまうと、後々、打ち消すのは困難になります。

現時点で弁護士へ依頼し妥当な慰謝料金額での代理人交渉をしてもらった方が、最終的には一番宜しいかと存じます。

一度、弁護士会へご相談なさってみてはいかがでしょうか。

東京都弁護士会↓

https://www.toben.or.jp/

旧弁護士報酬基準↓

https://senbayashi-lf.com/cms/wp-content/uploads/2019/02/pdf001.pdf

質問者: 返答済み 15 日 前.
30456;手側は2017年に結婚をしてます。今回誓約書を交わした時に100万円と約束したのでその約束を破った金額+離婚するからという理由だと思います。この場合訴訟になった場合は現在200万円手渡し100万円分割(7月下旬に公正役場で会う時です)まで600万円から支払い額は減りましたが今後弁護士にお願いして訴訟まで言った時にこれより高い金額になる可能性はあるのか、そして減額となると報酬きんが600万円からの金額になるのかそれとも300万円からの金額になるのかにもよってどうしようかなと考えております。

ご返信、ありがとうございます。

基本、受ける経済的利益をベースに算定しますが、それよりも安くなる可能性もあります。

今回は、現時点での請求である100万円を基準とすると思量致しますが、弁護士費用は自由価格であり実際に依頼する事務所や先生により変わりますので、直接ご相談なさって、その上で依頼するか否かをお決めになるのが宜しいかと存じます。

(相手方妻が勤務先上司へ口外しご相談者様が失職したことに対する損害賠償の逆請求もありえます)

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン、星マークでご評価を頂けると幸いです。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』ですが、トライアル期間7日間はサイトトップページから質問の新規投稿が何回も可能です。

また何かありましたらご利用ください。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問