JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1280
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします, 岡山県です,

ユーザー評価:

よろしくお願いします
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 岡山県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現在大学に通いながら個人事業主として起業し、友人四人を従業員として雇用し計五人で仕事をしようと考えています。チーム全体の所得の5割を事業資金としてプールし、残りの5割を私自身を含むメンバー五人の所得として均等に分配しようと考えています。 この場合、雇用保険や労災保険に加入しなくても済む雇用形態についてお聞きしたいです。親の扶養から外れずに事業を構える手段をとることが目的っで
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

お世話になります。
労働保険の適用を受けないようにするには、

スタッフを業務委託にする方法があります。

労災保険の適用を受けることができる者は、
会社や個人事業主から直接雇用されている労働者に限られます。
業務委託契約により就労されている者については、
法律上では労働者として扱われませんので、

労災保険の適用は受けられません。

ただし、業務委託契約で就労している者が、個人事業主から指揮命令がなく、
また、労働時間の管理を受けず、受託された業務内容を自己の裁量で
自己の道具を使って行っているなどの実態が必要です。

saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1280
経験: 法律 コンピューター
saitoをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問