JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1229
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

元上司とのトラブルでの相談です, 東京都,

ユーザー評価:

元上司とのトラブルでの相談です
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 辞めた上司の怠慢により私が不利益を被った場合本人に請求できるかどうかが知りたいです
質問者: 返答済み 4 日 前.
31169;は当時の上司から家賃は給料から天引きするから会社に任せてくれれば大丈夫だと言われていました。そんなことあるかなぁと思い3,4回聞きましたが大丈夫だと回答をもらい信じ切っていました。しかしその上司が辞めた後にはなるのですが不動産のほうから家賃滞納してるんだけどと連絡を受けました。現在の上司と相談して家賃補助を増やしてもらって自分で支払っているのですが本当にきつく、何度も確認したにもかかわらずやることをしていなかった元上司には腹が立つ次第です。
質問者: 返答済み 4 日 前.
20250;社には当時の上司の連絡先等は残ってるようですが、今の上司からは辞めた人は免責ですのでと言われてしまいます
質問者: 返答済み 4 日 前.
38651;話の録音をとっていないのが悔やまれます

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

会社としての責任追及は既に退職した者に関しては免責との見解かもしれませんが、当該元上司の怠慢により実際に被害を被ったのはご相談者様個人。

その損害に関しては、賠償を請求できる余地があると思量します。

方法としては、当該元上司の怠慢のお陰で被った被害を弁済するよう、内容証明郵便にて求めてみてはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自身で作成すれば郵送料1,200円~数千円程度で、ネットで検索すれば書き方や文例も載っています。

(司法書士や行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度掛かります)

ご一考ください。

質問者: 返答済み 4 日 前.
20869;容証明についてですが、証明できるものというものが特に見当たらないのです。電話のみでのやりとり故に

ご返信、ありがとうございます。

内容証明郵便とは「間違いなく自分の主張を相手に伝えた」ということを残すためのものであり、その文面の中に証拠は必要ありません。

「貴方の職務怠慢のために私は被害を被った、ゆえに〇〇円払え」

とうことを記載すればいいのです。

以下URL、ご参照ください。

https://www.bizocean.jp/doc/howto/310/?gclid=EAIaIQobChMIz6v-i9HH6QIVPsEWBR0NhQY5EAAYASAAEgIsePD_BwE

質問者: 返答済み 4 日 前.
35501;みました。と一つ壁になるのは相手方の住所ですね。会社が一切教えてくれなかった場合どうしましょうか。弁護士相談もしたとなれば教えないことはないとは思いますが、、、

勤務先は分かりませんか?

内容証明郵便の送付先は勤務先でも実家でも構わないのですが。

質問者: 返答済み 4 日 前.
30456;手方の今の勤務先はわかりません。いま私の勤めている会社ぐらいしかわからないです。
質問者: 返答済み 4 日 前.
23455;家もですね

そうすると個人では無理ですね。

弁護士・司法書士・行政書士へ依頼すると、職務上請求により相手の住民票を取り付け送付することは可能です。

その際は、請求金額に専門家への依頼料も上乗せしてはいかがでしょうか。

(興信所へ依頼するよりは低額です)

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12431;かりました。とりあえず今の上司に相談したことを伝え連絡先、住所を聞こうと思います。

はい、それで送付先が判明すれば最良です。

先にも申し上げましたがこれは「会社対元元上司」ではなく「ご相談者様対元上司」の関係に於いて賠償させるべき事項。

ぜひ、頑張ってください。

ご相談者様にとっていい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問