JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1243
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

自転車事故を起こしました。

ユーザー評価:

自転車事故を起こしました。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。自転車保険には加入してるのですが被害者の方が会社経営してるのにも関わらず確定申告をしてなく収入0で計上してるため、休業保証ができません。出来ない分、慰謝料を多くもらうと言っています。自転車保険には示談サービスがついておらず、示談などのやりとりは加害者と被害者が執り行います
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 休業保証がないため、被害者の方への支払いが事実上減ると思うので、個人に慰謝料請求されないかと心配しています。以前交通事故でむちうち症になったらしく、今回も首が痛いと以前より通っていた病院へ電気をかけにいっています。以前のむちうち症と今回の自転車事故のむちうち症との因果関係もわからない所です

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

まずは今回の事故に関し心からお見舞い申し上げます。

引き続き回答を作成致しますの暫しお待ち頂きたく存じます。

一般的に休業損害は自賠責保険の基準で算定されます。

納税証明がない方、専業主婦、失業中の方などは、「5,700円×休業日数」になります。

尚、相手方の怪我の重さ、治療期間、慰謝料など、今後いくら掛かるか現時点では予想が付かず、また、後遺症などと言い出されると対応が大変になります。

治療が終われば、「以後、一切の債権債務は存じない」旨の示談書も交わす必要もあります。

全て鑑みた上で、現時点で弁護士へ依頼し代理人として交渉にあたって貰うことをお勧めします。

質問者: 返答済み 5 日 前.
22238;答ありがとうございます。
保険屋には日額5700円の返答もいただき、相手の方に伝えましたが、不服のような返答でした。まだ治療が始まって間もないですが、慰謝料に対しての微妙な要求やせっつきが、すでにあります。
示談交渉サービスのついてない保険の場合、弁護士さんに依頼した方が良いのでしょうか?その際の弁護士費用はいかほどになりますでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

やはり相手方はその類いの人でしたか。

例えどれだけ稼いでいる人でも納税による証明が出来ない限り,原則、日額5,700円が基準です。

加えて自転車対歩行者の事故でも、必ず自転車側の過失が100%になるとは限らず、過失割合によってご相談者様が負担すべき金額も変わってきます。

その辺りも弁護士ならきちんと相手方と交渉してくれるかと存じます。

現在、弁護士報酬は自由価格のため費用がいくらとは一概には言えませんが、着手金で10~30万円程度かと思量致します。

下記URL、ご参照ください↓

https://www.nichibenren.or.jp/legal_advice/cost/legal_aid.html

質問者: 返答済み 5 日 前.
35686;察には届け出ていて過失はこちらが100です。治療もまだ一度しか行っておらず、その時点ですでに慰謝料請求の話をされています。
症状が固定になってから慰謝料も含めて示談交渉となると思いますが、今から弁護士さんに依頼しても大丈夫なのでしょうか?いつまでも続きそうな気がするので示談までは今から最短でも3ヶ月~6ヶ月はかかるような気がします。

かしこまりました。

症状固定は、むしろこちら側から催促しない限り出さないかと存じます。

正直、きちんと通院していない時点で怪我自体も疑わしいですし。

(本来、交通事故の慰謝料は通院日数に乗じて計算されます)

現時点から弁護士へ依頼しておくことが最良であるかと存じます。

それにより、相手の要求に対する抑止効果もありますし、何より相手と直接交渉しなければならないというストレスからご相談者様が解放されるのではないかと思量致します。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
12354;りがとうございました。
弁護士に依頼する事も考えた方がやはり良さそうですね。ありがとうございます。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問