JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1229
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

厚生年金加入についてお聞きしたい, 京都市です, いきなり、経費節減の為、厚生年金を外されることになりました。

ユーザー評価:

厚生年金加入についてお聞きしたい
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 京都市です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: いきなり、経費節減の為、厚生年金を外されることになりました。
質問者: 返答済み 4 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 4 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。
質問者: 返答済み 4 日 前.
38651;話は間違いですので取り消しをお願いします

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

厚生年金へ従業員を加入させるのは条件を満たした勤務先の義務であり、経費削減や売上の低下などの理由により会社側から一方的に解除できるものではありません。

事業所のうち、商業・法人登記を行っている団体(株式会社など)は社員の人数にかかわらず、厚生年金に加入しなくてはいけません。

厚生年金への加入が義務付けられている事業所を「強制適用事業所」と呼びます。

また、5人以上の従業員を雇っている個人事業所も、一部業種を除き、強制適用事業所に指定されるため、厚生年金への加入が必要です。

上記以外の事業所でも半数以上の労働者が厚生年金保険への加入に同意した場合、厚生年金保険への加入が可能となります。
※厚生年金保険は事業所単位での加入のため、加入に反対した従業員も加入対象となります。

厚生年金適用事業所では、国籍や性別、年金受給の有無にかかわらず、70歳未満で常時使用されている(※)すべての従業員が被保険者の対象となります。

※雇用契約書の有無に関係なく、常用的な労働の対価として給与をもらっている従業人

平成28年度10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっており、従来、対象範囲外だった労働者の加入条件が緩和されています。

改正月平成28年10月平成29年4月

対象保険厚生年金保険・健康保険健康保険

労働者の加入条件週30時間以上働く労働者に加え、
従業員501人以上の事業所で
週20時間以上働く労働者従業員500人以下の従業所でも
労使合意があれば、加入できる

また、アルバイト・パート、契約社員として働く従業員も以下の2つの条件いずれかを満たす場合、厚生年金の被保険者となります。

  1. 1週間の所定労働時間、1カ月の所定労働日数が、一般社員の4分の3以上であること
  2. 以下5つの条件を満たす労働者
  • 週20時間以上勤務
  • 年収106万以上(賃金月額が月8.8万円以上)※
  • 1年以上の使用が見込まれる
  • 従業員501人以上の勤務先で働いている
  • 学生でないこと

※臨時手当(結婚、賞与)各種手当(通勤・家族手当など)、割増賃金などを除く

【参考】[厚生労働省 平成28年10月から厚生年金保険・健康保険ので加入条件

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/

もし会社側がどうしても厚生年金から外すと言ったら、労働基準監督署へご相談なさることをお勧めします。

労働基準監督署は企業に対して適切な指導や助言を行い、必要な場合は会社と従業員との仲裁役も果たしてくれます。

ご一考ください。

質問者: 返答済み 4 日 前.
20250;社は法人ではなく、社員は3人です。 過去に、賃金未払いら不当な労働条件にたいして辞めていった社員が労基に相談し、労基から是正を行っても無視をし続けているような経営者です。
泣き寝入りするしかないでしょうか

ご返信、ありがとうございます。

強制適用事業所ではないのですね。

その場合は確かに厳しいですが、労基署からの是正勧告や『あっせん』が不調の場合、労働審判や、未払い賃金に関しては民事調停という方法もあります。

まず、改めて労基署に相談してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12399;い、まずは労基に相談してみます。ありがとうございました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

仮に従業員に対する未払いなどもあれば、『法テラス(日本司法支援センター)』へのご相談もありかと存じます。

頑張ってみてください。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上「評価する」ボタン、星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問