JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 7628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

養子縁組で資産のある方のところの養子になっていますが、その資産を相続した場合、実親の扶養をしなければいけないのでしょうか

ユーザー評価:

養子縁組で資産のある方のところの養子になっていますが、その資産を相続した場合、実親の扶養をしなければいけないのでしょうか
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 長崎県
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません
質問者: 返答済み 14 日 前.
その実親からの虐待が幼少からあり、顔を見るだけでトラウマを起こすことがあるほどです。養母から受け継いだ資産が多くあれば、実母が生活するのも苦しいと頼ってくるしかないさいあくのばあい、援助をしなければいけないのですか?またそれをしなければ最悪刑法に問われるとか聞きましたが本当でしょうか

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、扶養の義務に関して、問題となるのは、実のお母様が、生活保護を受けるような場合です。市役所の福祉事務所から連絡が頻繁に来るからです。

そうでなければ、相手の無心などは、拒否されると良いでしょう。

基本的には、ご相談者様の生活を脅かすまでの扶養の義務は無いので、援助が出来ないのであれば、構いません。

刑法で、問われることは無いと思いますが、民事では、扶養請求権はあるので、どこまで出来るかです。

出来ない場合も、民法での罰則はありません。

それと、そこまで虐待を受けていたのであれば、逆に慰謝料請求や、接触を断って、どこに引っ越したか、分からなくすることです。

市役所に住民票の非開示請求が出来ます。

また、ご相談者様に配偶者やお子様が、いらっしゃれば、財産を贈与して名義を変えておいても良いでしょう。

質問者: 返答済み 14 日 前.
長年の浪費癖で、預金が250万しかなく、年金は月八万です。それがなくなれば生活保護を受けるしかない様です。
また、私の養母は、家の存続のために私に実質数千万円の預貯金残す形を取ってくれています。それを私が相続した場合、お金に余裕があると言うことで実母に援助をしなければいけない義務が発生するのでしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
一番心配なのは養母から託されて相続したお金を散財する実母の生活費に充てなければいけないかというこです。養母の家が実親の近くなので引っ越し等ができません。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。まず、私の方では、電話相談は受けていませんので、ご了承下さい。返信で、ご相談が出来ます。その場合は、相続する前に、生活保護を受ければ、その後の請求は、無いと思われます。2~3年の内に、そうなるのではないでしょうか?仮に、実のお母様が、持ち家なら、売却して現金を作りなさいと言われる場合もあります。持ち家なら、家賃は、無いので、生活保護になる必要もないでしょうし、贅沢するために、生活保護を受けられるわけでもありません。散在する分を援助する必要はありません。あくまで、最低限の生活が出来ない場合のことです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
出来れば電話相談を受けたいのです
質問者: 返答済み 14 日 前.
不安で寝ることもできませんので
質問者: 返答済み 14 日 前.
散財するとかのレベルではなく、日々の生活費が足りなくなると言うぐらいの困窮になるはずです。その部分は、相続したお金で余裕があるのであれば援助しなければいけないのでしょうか

相手が扶養請求権を行使しようと家庭裁判所の調停が、申し立てられるまでは、対応する必要は無いでしょう。生活保護を受けても福祉事務所がときどき連絡するだけで、拒否していても、罰則や強制執行がされる訳ではありません。

 

質問者: 返答済み 14 日 前.
無知なものなので何度も同じことを聞いて申し訳ありません。
①家庭裁判所の調停が申し立てられた場合は何か義務が発生するのでしょうか?
②相続して、数千万の預金を相続したとしても、拒否すれば扶養義務を強制されないと言う事でしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
あと、虐待でのトラウマで絶縁をしたくなるほどの関係性を主張する事で、扶養義務を回避する材料になるのでしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
養母が一番気にしているのが②番の件なのです。養子とした私ではなく、結局その実母にお金が流れることがとても心配で嫌な事だと言っているので。

家庭裁判所の調停が、申し立てたれると、調停委員や裁判官のアドバイスで、いくら程度は、支払いましょうとなる可能性が無いとは言えません。とは言え、相続財産のすべてを使い切るようなことを要求される訳ではありません。現状、生活保護費は、14万円程度です。月額2~3万円は援助できませんかみたいな感じです。もちろん、調停の内容を拒否することも、審判を異議申し立ても可能です。その場合、虐待のことも考慮されるでしょう。もちろん、家庭裁判所の調停の申し立ては、そう簡単にはしないでしょう。以前、かなり稼いでいるお笑い芸人の母親が、生活保護を受けていて、話題になったこともあります。あれは、道義的な問題で、法律違反ではありませんでした。今回も、そう考えれば、虐待からも道義的な問題として拒否しても問題は無いでしょう。そのための生活保護です。

 

質問者: 返答済み 14 日 前.
あと、お伝えし損ねていましたが、実親はアルツハイマー型認知症で、家での介護が難しくなってきています。私には妹と兄がいますが、兄はフリーターで収入がほぼなく、妹は躁鬱病で障害者枠で仕事をしています。

認知症であれば、成年後見制度を利用して、施設に入ってもらうことです。施設内では、そうお金を使うことはありません。生活保護で対応できるでしょう。家庭裁判所に成年後見制度のご相談をされることです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
丁寧に説明していただきありがとうございます。もう少し、お付き合いしてただければありがたいです。
質問者: 返答済み 14 日 前.
なかなか言葉で伝えるのが難しく、同じ質問の繰り返しになる事で、気分を害されてるとは思います。申し訳ありません。

仮に、ご相談者様が、相続をしたら、その兄弟に、いくらか贈与して、その代わり、母親の面倒はご相談者様が、見ないと言う約束をされるのも手です。

質問者: 返答済み 14 日 前.
正直、一切の援助をする事をしたくありません。表には全くわからない形で、家族内で、親と妹からの肉体的精神的な虐待を受けてあり、働き始めてからも、生活費を何万も渡していたにもかかわらず、冷蔵庫さえ触らせてもらえたい様な扱いでしたので、彼らのために何一つしたくないのです。その様なことを主張してもいいのでしょうか
質問者: 返答済み 14 日 前.
最終的に一番聞きたいのは、こちらの相続した金額が大きいことで、最低限の生活にも支障が出ている実親を扶養しろと言われることを拒否する事は可能なのですね?

可能と言うよりも、犯罪でも無いですし、罰則も無いので、そう言う方も少なからずいると思います。単に、道義的な問題や世間体だけで、外野の意見は、無視して、以前、酷い目に遇ったので自業自得と主張しても良いでしょう。とりあえず、関係を絶って、連絡もしないことです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
この場合の、扶養しろといってくるのは行政いう意味でお聞きしましたのですが、言葉足らずでももうしわけありません。
質問者: 返答済み 14 日 前.
公的な機関からの要請と、それに従わないといけない絶対的義務が生じるわけではないということと理解してよろしいでしょうか?

市役所の福祉事務所が、扶養できないか、聞いてくることがあると言うことで、これは、生活保護を受ける親族等がいれば、必ず、問合せがあるものです。拒否する方も、当然います。絶対的と言うことではありまません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
お話わかりやすくて少し安心してきました。あともう少しお付き合いください。あと、家庭内の虐待のトラウマが今も続いていて、心療内科に通う事になっています。その事も問い合わせ等の時に伝える事は少しは意味があるのでしょうか?それともその様な事は言わない方がいいのでしょうか

虐待により、心療内科に通うほどであれば、本来なら傷害罪が適応されます。そこまで、酷い目にあったので、援助は出来ませんと、きっぱり伝えれば、相手も何も言えないでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
わかりました。ありがとうございます。夜遅くにもかかわらずアドバイスしていただき少し落ち着きました

ありがとうございます。このコメントに対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問