JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2303
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

お世話になります。

ユーザー評価:

お世話になります。
JA: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
Customer: 現在、ある会社で侮辱罪、営業妨害、そして脅迫にあたると思われる行為を受けています。これらで、警察に被害届を出せるか、等が知りたくてご連絡させていただきました。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 上記の全て第三者や不特定多数を含むEmailで行なわれいるので、履歴というか、証拠は全て取ってあります。

回答者tzx75が対応させていただきます。

侮辱罪、営業妨害、そして脅迫にあたると思われる行為、とありますが、具体的にお教えください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
よろしくお願い致します。

ここでは便宜上、私のことは『私』。嫌がらせをしてくる人物を『当該の人物』と書きます。
まず状況ですが、私は会社の仕事で国外からの Email の窓口をやっています。窓口Emailなので、私のEメールアカウントに届くメールは社内の主要な人物には転送される様になっています。当該の人物は、部門・分野は別ですが、同じ社内の人間です。

侮辱罪及び営業妨害について -
最新の事例を示しますと、私が国外の顧客とEmailにてスケジュールの連絡メールをやり取りしていたところ、当該の人物から横槍が入りまして、私の事を不誠実、嘘つき、無能、等の悪口を、私がやり取りしていた顧客に送りました。また、私のEmailにもCcしていますので、顧客 + 社内の複数の人間に私を侮辱するメールが当該の人物から送信されたという事です。顧客を含むので営業妨害にも当たると思うのですが、どうでしょうか。

脅迫について -
上記の様な関係がある為、私の方は当該の人物を無視していまして、社長からも返信しない様、指示を受けていました。そして数日前に顧客からの依頼があり、その分野が当該の人物の分野なので、社長からの指示で「返信文を作成してください」という指示が当該の人物に行っていましたが、その当該の人物は「なぜ私が直接依頼しないんだ?1週間以内に私からの直接の依頼が無い場合、その顧客に、私が如何に不誠実で無能なのかを明確にする」と言った内容を社長及び私にCcで返信しました。
上記の様な行為をまた繰り返す、と示唆した場合、これは脅迫に当たりますでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。また、ご不明な点等ありましたらご指摘ください。

お答えします。

あなたの事を不誠実、嘘つき、無能、等の悪口を、顧客や関係者に送付したことは、侮辱罪や内容によっては名誉棄損に当たるでしょう。

ただ、社長が会社の不名誉にもなる状態を放置するのはなぜでしょう。

本来なら、懲戒処分にも該当する行為だと思われます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
そうですね。この前提を説明していなかったので、そう思われると思います。

この会社は家族経営に近い会社でして。まず、この当該の人物は私の実の兄で、会社のリサーチ部門の責任者です。
そして社長は私達の母親です。
私は、この会社とは別に個人事業を行なっているのですが、英語力があるので、母の会社の窓口として、Email対応や、書類の整備などを手伝っています。

母(社長)も一度は、兄に注意をしましたが、兄は自分が正しいと思い込んでいる様子で聞く耳を持ちません。

以上でお分かりかと思いますが、母親の心情として、懲戒処分は避けたいものかと推測します。

私としても母に迷惑を掛けたい訳では無いので、会社は含めず、兄本人に『やっている事は、刑事告訴の対象である(もし該当するなら)』と理解して欲しく、ご相談させていただいております。

お答えします。

お兄さんに犯罪行為であることを認識させるのであれば、弁護士に依頼し内容証明で、侮辱罪や名誉棄損、業務妨害等で刑事告訴するとともに、損害賠償の請求もする、といった警告文を送付してもらわれたらいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 13 日 前.
ご返信ありがとうございます。その様に進めたいと思います。最後に二つ程質問させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

1. 兄が上記の様な犯罪行為を再度行うと明確に宣言した場合、脅迫罪には該当しないでしょうか?

2. 実際に刑事告訴を行う為に警察に被害届を出す場合、警察は民事不介入を理由に被害届を受理しない、など可能性としてはあると思いますか?


よろしくお願い致します。

お答えします。

脅迫については、刑法222条で

第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

 

と定められています。

あなたの場合は、あなたの名誉に対し害を加える告知と考えられますので、脅迫に該当するでしょう。

警察は民事不介入を理由に被害届は受理しないでしょうが、今回の場合は刑事告訴ですから、明確な証拠等を示せば、受理はするでしょう。

ところで、これまで回答をさせていただきましたが、少しでもお役に立てましたでしょうか。もしよければ、この時点で、評価の箇所を星3以上でお願い出来れば幸いです。

また、評価の後でも、ご質問を継続していただいて結構です。

専門家287tzx75をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
有り難うございます。星は5つ付けさせていただきました。

すいません、最後にもう一つだけ質問させてください。

大体の相場として、刑事告訴する場合の弁護士費用、民事で裁判を起こす場合の弁護士費用はどの程度になりますでしょうか。

よろしくお願い致します。

お答えします。

刑事告訴は捜査機関に告訴を受理してもらえば、あとは捜査機関が処理することになります。

告訴状を作成したりする費用としては、弁護士に依頼すると20万程度、行政書士は10万程度でしょう。

民事で裁判を起こす場合の弁護士費用は、それぞれ人によりますが、着手金は30万程度で後は、成功報酬は話し合いといったところです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
よく分かりました。色々とありがとうございました。

法律 についての関連する質問