JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1824
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

素人の質問ですみません。民法ってどうやって使うんですか? 東京都, すみません。

質問者の質問

素人の質問ですみません。民法ってどうやって使うんですか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: すみません。
JA: はい、お伺いいたします。
Customer: 質問の仕方がよくなかったのですが、民法とはどのような時に使えますか?
投稿: 17 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 17 日 前.

回答者tzx75が対応させていただきます。

民法は、我々市民生活における日常のいろいろな問題に対し、その解決のために活用します。条文は総則、物権、債権、親族、相続といった内容からなっています。

質問者: 返答済み 17 日 前.
例えば事件に巻き込まれてしまった場合相手に責任を取ってくださいといって民法を使うことになるんでしょうか?
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 17 日 前.

お答えします。

事件に巻き込まれてしまった場合、加害者にあなたの被害を賠償してもらいたい場合、

民法の債権編の5章に、不法行為に基づく損害賠償については、民法709条以下に定められています。

その条文は、

(不法行為による損害賠償)第七百九条

「 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。 」

と定められており、この条文によって、相手にあなたが被った損害を賠償してもらえることになります。

法律 についての関連する質問