JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6844
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

賃貸物件で飲食業をしています。令和2年5月に更新を迎えますが、家主より、次回の更新はできません、という申し出がありました

ユーザー評価:

賃貸物件で飲食業をしています。令和2年5月に更新を迎えますが、家主より、次回の更新はできません、という申し出がありました。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 京都府京都市東山区
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: こちらの場所で20年間飲食業をしています。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、賃貸物件が商用されている場合も、立ち退きの要請に関しては、オーナー側に正当な理由が必要となります。

ただ、出て言って下さい。仕方ないですね。分かりましたでは済みません。正当な理由とは、建て直しやリフォームをして、高額な賃貸物件にしたいとか、オーナーが自分で使いたいからでは理由になりません。経年劣化で、地震等での重大な被害が出るので、立替えるとかです。

正当な理由がなければ、拒否して構いません。合意しなければ、自動更新になります。

とは言え、一般的には、立ち退き料を要求することもございます。移転費用や損害の補填などです。立ち退き料の交渉は行われているのでしょうか。無ければ、要求されると良いでしょう。

もめる場合は、民事調停を申し立てて、司法の判断に任せると、調停委員が公正公平に判断してくれます。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問