JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6680
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。昨年末両親が離婚しました。その時点で戸籍を母の方に移す手はずをとっていたのですが、父が病気になりまして

ユーザー評価:

お世話になります。昨年末両親が離婚しました。その時点で戸籍を母の方に移す手はずをとっていたのですが、父が病気になりまして介護をする事になり、戸籍を移すきっかけがないまま6月に亡くなりました。その場合私の戸籍を母の方に移すことはもうできないのでしょうか?
私は成人しており、そして母は新戸籍をつくっており、また名前も旧姓に戻しております。
色々調べてはみたのですが、子の氏の変更の申立てをすることは可能のかという事をお聞きしたいです。現在も母と一緒に住んでおります。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 大丈夫です!

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、本来は、氏の変更ですから、家庭裁判所にご相談された方が正確だとは思いますが、離婚してお母様が、復氏された場合、お父様の戸籍にそのまま残っていると思いますし、お父様が亡くなられても、お父様の戸籍にご相談者様は残っていると思います。お母様の復氏された、もしくは、婚姻時の苗字でも、別の苗字と言う扱いになるので、子の氏の変更届の申出をして、家庭裁判所の許可を得ます。家庭裁判所は、様式主義で、不許可になると言うことはありませんん。許可が出たら、市役所に入籍届を出せば、お母様と同じ戸籍となります。15歳以上と未満で届出が若干異なるだけで、成人は、出来ないとの規定は無いと思われます。

質問者: 返答済み 11 日 前.
早々のご返信感謝致します。再度のご確認で申し訳ありませんが、父が亡くなった状況での子の氏の変更の申立てはできるということですね?
亡くなる前にやっと離婚が成立して喜び父は別住所に住んでおりましたが、(母と私と弟はずっと同居です)倒れて半年介護をし、亡くなってしまったので、離婚した時点で子の氏の変更の申立てをしないといけなかったのかと後悔しておりました。そして母の旧姓に一緒に戻れないのかもしれないと不安になっておりました。先生にお答えしていただきホットしております。本当に早々にありがとうございます。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。嫡出子は、実の親と養子縁組は出来ないので、子の氏の変更届が認められているのだと思います。詳しくは、家庭裁判所にご確認下さい。アドバイスが少しでもお役に立ちましたら、評価をしていただけると助かります。星印のところです。お手数ですが、ご対応お願い致します。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
すみません、先ほどこのようなものを見つけたのですが・・・
民法791条による子の氏の変更が認められるためには、その氏に変更しようとする父又は母が生存中であることを要します。
これは名前は変わっても、母の籍に入籍ができないということでしょうか?名前も変えられないということでしょうか?
何度も申し訳ありません。

そのような規定がありましたでしょうか?第2項は、「父又は母が氏を改めたことにより子が父母と氏を異にする場合には、子は、父母の婚姻中に限り、前項の許可を得ないで、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、その父母の氏を称することができる。」婚姻中に限ると言うのは、再婚の連れ子の時の問題だとは思います。どちらかが亡くなって、生存配偶者の戸籍に入るなら、問題は無いと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
本当に度々ありがとうございます!ゆっくり眠れそうです!何度もありがとうございました!

また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメントに対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問