JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6644
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

後見人審査の過程で、親族から「非弁」等あらぬ中傷を受けました。 兵庫県です。

質問者の質問

後見人審査の過程で、親族から「非弁」等あらぬ中傷を受けました。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 兵庫県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 被後見人の希望により訴訟費用を立て替えたのですが
投稿: 9 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 9 日 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、後見人審査と言うことから、ご相談者様は、被後見人になる方の親族では、なく、全く他人なのでしょうか?親族から、中傷を受けるというのは、他人が被後見人の財産を扱うことに対する不信感はあります。もしくは、親族でも、自身に有利なような財産の扱いをするのではと言う不信感もあるかもしれません。

現時点では、後見人になっているのでしょうか?被後見人のご希望というのがご不明ですが、判断能力が無い方のそれ以前の意思なのでしょうか。訴訟費用を立替えたとなると、後で、回収すると言うことですね。

いずれにしろ、非弁行為に当たらないのに、誹謗中傷を受ければ、名誉毀損罪もあり得ます。名誉毀損罪は、親告罪ですが、刑事告訴も可能ですし、民事の不法行為による損害賠償請求も可能です。ご相談者様のお立場が、ご不明ですが、内容証明で謝罪と慰謝料を請求されると良いでしょう。

内容証明の作成は民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。応じない場合は、刑事告訴や民事調停を申し立てると主張します。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 9 日 前.
23569;し背景を御説明します。A氏から当方に対し、株売却代金未収の訴えを提起のため、財務関係の調査を依頼され、依頼者とは成功報酬にて調査、分析、資料作成を行いました。その後、A氏はB弁護士と弁護人契約を締結し、当方がA 氏の依頼により原告訴訟の着手金を立て替えたましたが提訴直前にA氏は事故にあい、施設に入所することになりました。今年に入り親族は成人後見人申請を行い、それ以前からB弁護士に対し親族は、当方の業務は非弁にあたる、当方が着手金を立て替えたのはおかしいとの主張を繰り返し、同様の内容を後見人審査の場でも主張したとB弁護士からメールで確認をとりました。
これは明らかに名誉毀損、侮辱罪に該当すると思われますが、事の複雑さゆえに相談した弁護士は皆、敬遠される現状にあります。
なお、着手金の一部はA氏に対する被告訴訟に係るもので、B弁護士に依頼する際、親族は支払を拒否したため、やむを得ず立て替えたものです。
なお被告訴訟は継続中です。親族の態度には激しい憤りを覚えております。
専門家:  supertonton 返答済み 9 日 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。そうすると、財務関係の調査とは、ご相談者様は、A氏の社員もしくは依頼された税理士や探偵事務所の方でしょうか。全くの第三者なり友人や知人で、親族では無いと言うことでしょうか。着手金を立替えただけで非弁行為と言う意味合いがご不明ですが、A氏は、事故で、高次脳機能障害にでもなったのでしょうか。また、ご相談者様は、結果として、A氏の後見人なのでしょうか。まだ、しっくりとは行きませんが、親族に対して、名誉毀損罪で、刑事告訴するなり、慰謝料請求を内容証明でされてみるなりしても良いでしょう。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 9 日 前.
24403;方は公認会計士で適法に業務を行いましたが、親族及び後見人(弁護士)は非弁だと主張しています。この後見人弁護士が曲者で弁護士会の古株で元副会長ですので、相談した弁護士は逃げの一手を選ぶわけです。私は被後見人たるA氏の利害関係人の立場にあります。また先程話したB弁護士とも同期で、合格前からの知人関係にあるため、言いように二人に利用されたとの印象ですね。
因みに内容証明なしに訴訟することは可能ですか?
専門家:  supertonton 返答済み 9 日 前.

後見人は、弁護士の先生がされたと言うことですね。多分、被後見人の代理交渉は、一般人だと後見人しか出来ないので、それ以外は、報酬をもらって代理交渉をすると非弁だと言うのでしょう。親族等側に警告する意味でも、内容証明を出しても良いかもしれませんが、いきなり訴訟と言うのも当然あり得ます。内容証明は、これから喧嘩を売るぞと言う挨拶のようなもので、いきなり喧嘩を売る形になってもそれは構いません。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 8 日 前.
26377;難うございました。
専門家:  supertonton 返答済み 8 日 前.

アドバイスが、少しでもお役に立ちましたら、評価をしていただけると助かります。星印のところです。お手数ですが、ご対応お願い致します。

法律 についての関連する質問