JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 464
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

友人から金銭トラブルで訴訟を起こされてしまいました。金銭についてですが多少の食い違いはありますが全額返金したいと思ってい

質問者の質問

友人から金銭トラブルで訴訟を起こされてしまいました。金銭についてですが多少の食い違いはありますが全額返金したいと思っています。相手と顔を合わせたくないので第2回の出廷期日に行かないで判決を受けた方がいいですか?どうしても相手と顔を合わせたくないんです
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 事前に伝える事は特にありませんが相談したいと思います
投稿: 19 日 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 19 日 前.
31532;2回の出廷日が明日4日ですがどうしても相手に会いたくないんです。訴訟をおこされた金額は120万円程です
専門家:  saito 返答済み 19 日 前.

お世話になります。
相手に会いたくなければ、弁護士に依頼する方法もありますが、
弁護士がいない場合は、
欠席しても不利にならないための制度、

「擬制陳述」を利用するといいです。
訴状が届けられた封筒の中に、

「答弁書」という書類が同封されています。
この「答弁書」をきちんと提出しておけば、
欠席しても不利に扱われることはありません。
答弁書とは、あなたの言い分を伝えるための書類です。

相手が訴えた内容に間違いがあったり、
事実と異なる内容が含まれていれば、
答弁書にその旨を記載することができます。
また、今回のように全額返金しますなど、記載して
おくといいです。

法律 についての関連する質問