JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 382
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

賃貸契約ですが契約書にサイン済、重要事項説明後ですがキャンセルは可能なのでしょうか。 東京, なし

ユーザー評価:

賃貸契約ですが契約書にサイン済、重要事項説明後ですがキャンセルは可能なのでしょうか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: なし

お世話になります。
賃貸契約のキャンセルは、
「重要事項説明」を受ける前や契約前にする必要があります。
ただ、契約した後に、
どうしてもキャンセルする必要が出てくることもあると思います。

その場合、正直に伝えて謝罪することが大切です。
一般的に、一度入れた申込みをキャンセルする場合には、
「キャンセル料」なるものが発生することがあります。

賃貸契約は、契約後のキャンセルは「解約」扱いになります。
つまり、今まで住んでいた部屋から退去する際の
精算と同じものになるのです。

たいていの不動産会社では、
解約の申出は退去日の1ヶ月前までに行うよう求めています。
契約直後の解約であっても、初期費用を支払い済みのときは、
少なくとも1カ月分の家賃は差し引かれる可能性もあります。
そのへんは不動産会社によって異なることがありますので、
相談してみてください。

お世話になります。

料金のほうは支払いしているのでしょうか?

質問者: 返答済み 9 日 前.
saitoさん
すみません、先の方に返信できていませんでした。料金の支払いについては、
まだです。来週の支払い予定で、再来週入居予定です。

そうですか。

とりあえず、不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。

saitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12381;うですね。そうしてみます。ありがとうございます。

法律 についての関連する質問