JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1388
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

お世話になります。

質問者の質問

お世話になります。
JA: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
Customer: 離婚後、面会交流の取り決めについて、月に一度、年に四回のお泊まりという合意を交わしたのですが、モラハラが原因で離婚しているため、私自身はが顔を会わせたりやりとりをしていくのが苦痛です。そのため、第3者機関の利用を考えているのですが、夫が合意しない場合、その時は、第三者機関の利用をもって面会交流を実施するという裁判を起こしてもらうことになるのでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府になります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: また、年に四回のお泊まりの合意書をお互いで交わしてしまった場合、これを無くすことは可能なのでしょうか。
投稿: 14 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 14 日 前.

回答者tzx75が対応させていただきます。

第三者機関の利用は問題ないでしょう。元の夫はあなたと会う権利はないでしょうから。

また、年に四回のお泊まりの変更を求める場合、あなたからの面会交流の制限を家庭裁判所に申し立てることです。この手続きは話し合いである調停の申し立てが原則で,話し合いがつかない場合には裁判官の判断(審判)がなされます。

法律 についての関連する質問