JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6439
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

①[A氏]が自宅居間にて亡くなる。 ②[A氏長男]が所在不明の為、警察から[A氏妹]に連絡が入る。

ユーザー評価:

①[A氏]が自宅居間にて亡くなる。
②[A氏長男]が所在不明の為、警察から[A氏妹]に連絡が入る。
③[A氏妹]が[A氏]宅の遺品整理をする。その際、[A氏]の預貯金の引き出しができない旨を親族に伝えられ、[A氏妹]が立て替える旨を伝えれる。
④[A氏妹]が取引のある司法書士に連絡し、相続人調査として、[A氏長男]の所在確認を依頼。
⑤[A氏妹]が[A氏長男]と会い、[A氏]が亡くなったことと、[A氏長男]が障害者であり生活保護者であることを確認する。
⑥[A氏妹]が[A氏長男]の相続の為、[A氏長男]に同行し、印鑑登録をする。
⑦親族会議にて、[A氏長男]が障害による生活保護者であり、相続発生により生活保護費の継続支給が停止となるとの理由と、[A氏長男]の世話を[A氏妹]が行うとのことで、[A氏長男](上記遺産分割金+預貯金等)の相続分について、[A氏妹]が管理する旨の申出がされる。
⑧親族は内容を吟味せずに承諾。
➈[A氏]遺産中、土地、建物は、[A氏父親(亡)]と共有分が含まれていることから、別の親族が代表相続して、売却後、分割することとした。
⑩司法書士は[A氏妹]が取引のある司法書士であるが、司法書士より、代表相続後の分割は遺産分割協議書で行うのではなく、念書にて行う旨と、各相続人への支払いは、振込で行うことができない旨を伝えられる。私は相続人の1人なのですが、今回の相続の中心となっている[A氏妹]のやりようは、さまざまな法律違反になる可能性がうかがえ、危険なものであると考えております。現在、協議書作成前ですので事前にこのような内容で行わいなようしたくありますが、司法書士も絡んでいることから、強くでることができません。そこで具体的にどのような法律違反となる可能性があるのかとどのように行うのが適正なのかご教授いただければ幸いです。お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 取り急ぎ、本件経緯がどのようなものであるのかだけでも教えていただけると助かります。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、遺産分割協議書作成において、司法書士の先生が、関わっているのであれば、法律違反は、資格者として司法書士会会員資格剥奪もあり得るので、そう言う危険な橋は渡らないと思われます。余程、億単位の財産で報酬額が大きければ分かりませんが。ご相談者様が、問題と捉えるのは、何でしょうか?お話しだけだと、長男様が、障害者で生活保護受給者と言うことがポイントになってくると思いますが、まず、障害者の場合、身体障害者の時は、何ら普通の相続人と変わらないのですが、精神障害や知的障害の場合は、判断能力が劣るので、成年後見制度を利用して、成年後見人を付けないといけません。次に、生活保護の場合、相続財産でも収益となるので、生活保護の受給が停止されるので、あえて、相続放棄をする場合は、ございます。次に、遺産分割協議と念書の問題ですが、一度、誰かが、全部取得して、それを売った売却益を分割することは、換価分割と言ってよくあることです。これは、持ち分がバラバラの場合、不動産を売ることが難しいからです。とは言え、念書と分ける必要があるかは疑問です。慰謝料請求書に換価分割のことを記載すれば良いだけです。その場合は、贈与税は発生しません。そこは、疑問ですね。何か得をすることがあるかです。今回の問題点は、長男様の判断能力がどうかです。遺産分割でもめる場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申立てることが出来ます。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 13 日 前.
31169;は、企業法務を担当しており年に数回程度、裁判なども担当しておりますので、ある程度の法律知識は有しているのですが、私が疑問視している点は、まず相続人の1人である[A氏長男]の相続遺産について生活保護受給の継続等を理由に成年後継人でもない[A氏妹]が[A氏長男]
の遺産を管理していいのかということです。
また、2点目として、先生がご指摘のとおり、念書についてとなります。
換価分割については私も熟知しており、理解しているところです。
それを踏まえ代表相続人は売却時に譲渡所得税(所得税・住民税)がかかります。譲渡所得税は、共同相続人で分割するのですが、念書にしてしまいますと、代表相続人以外の共同相続人に贈与税がかかりますので、税金が二重にかかることになります。
士業の方は、独占業務上、各法律の遵守義務が課せられますので、通常に考え、疑問が生じるような業務をしないとは思われるのですが、本件の場合司法書士が[A氏妹]と長年の結び付きが強く、[A氏]は4人兄妹でそのうち3人がお亡くなりになっており、今回の相続は、[A氏父親]の持分の不動産相続分がほとんどであることから、[A氏妹]は自身相続分に加え
[A氏父親]からの[A氏]の相続分と[A氏]の遺産分([A氏長男]の相続分)を管理することにもなります。
このような経緯から、[A氏妹]に[A氏長男]の相続分を引渡しをしてもよいものであるか、現在の司法書士にお任せするか否かの判断、共同相続人らへの危険性(脱税や不正受給の教唆など)について考えられることを、おうかがいさせていただきました次第です。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のお話しから、まず、A氏のお子様は、そのご長男だけで、A氏の妹は、長男の妹ではなく、A氏ご自身の妹様と言うことですね。そこは、勘違いして、兄妹と思っていました。そうしますと、A氏の長男様は、やはり、判断能力が無いのでしょうか。司法書士の先生なら、成年後見制度は、ご理解していると思うので、判断能力が無い方には、成年後見制度を利用しないと相続手続きは出来ません。ご相談者様が、ご指摘のように成年後見人にでも妹様がなっていなければ、相続手続きに関われません。それは、司法書士の先生に相続手続きをご依頼してもだめで、必ず、判断能力のない、長男様に成年後見人等を付けないといけません。もし、判断能力が無ければ、家庭裁判所に申立てて下さい。長男様に判断能力があれば、妹様は、相続人でもないので、長男様に委任を受けなければ、相続手続きにも関われません。確かに、A氏の不動産の持ち分の問題があってもそれは今回の相続とは別の問題と言えます。司法書士の先生に抗議されても良いでしょう。まずは、長男様の成年後見人を付けることです。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12372;返信、ありがとうござまいした。とても参考になりました。ご丁寧な回答に感謝いたします。

法律 についての関連する質問