JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1376
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

夫とは婚姻生活費27年、1年前から夫婦仲が悪くなり、夫から離婚を求められていて、今年5月には離婚調停を申立られました。現

質問者の質問

夫とは婚姻生活費27年、1年前から夫婦仲が悪くなり、夫から離婚を求められていて、今年5月には離婚調停を申立られました。現在、子供は成人している息子二人、大学生で1人暮らしの息子が1人います。今月初めが第三回目の離婚調停でしたが、夫に弁護人が付き、7月に合意に至った話し合い内容を白紙に戻したいと言われています。現在、先月から私は家を出て別居しています。実家には障害を抱えた父母が居ますが、介護サービスを受け在宅介護でやれているので、私が同居するわけにはいかないのです。夫には介護の協力は求めても仕事を理由に断られました。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 相手側の弁護人からは、離婚調停なら応じるが別居に対する調停内容なら離婚調停を取り下げ、裁判にすると言われています。調停員さんからも相手が代理人を立てたなら、奥様も立てるべきですと言われ、引っ越し費用にお金がかかり、弁護人を依頼する費用もありません。
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 13 日 前.

回答者tzx75が対応させていただきます。

ご主人からの離婚申し立ては何が原因なのでしょう。

相手の弁護士からは、場合によっては、離婚調停を取り下げ、裁判にするとのことですが、

離婚裁判になった場合、法的に下記の条文のような原因がなければご主人の望む離婚は出ません。すなわち

民法・・(裁判上の離婚)

第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

ですから、あなたによほどの原因がない限り離婚はできないので、何も裁判を恐れることはありません。

専門家:  専門家287tzx75 返答済み 10 日 前.

上記回答はご確認いただけましたでしょうか。もし出来ましたら、評価の箇所を星3でお願いします。ご不明な点などがあればさらに、評価の後も説明させていただきます。

法律 についての関連する質問