JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4974
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が昨年5月に亡くなり、今年の6月に債務の通知が私宛に届きました。 無料相談を受け、相続放棄の申述書を書いています。

質問者の質問

父が昨年5月に亡くなり、今年の6月に債務の通知が私宛に届きました。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 無料相談を受け、相続放棄の申述書を書いています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: その際に上申書は必ず必要ですか?まず受理してもらうことが最優先と言われています。期限が来週に迫っているので。母親が後見人になってはいましたが債務のことは知らされていませんでしたが、今年の3月まで同居してました。住宅ローンの債務ですが、元の家は数年前に競売にかけられ、私はそれで終わったものだと思っていたのですが、今回債権者からの通知で債務があることが判明しました。この同居してたというのが不利に働くのか不安です。まずは上申書を書かず申述書のみ受理してもらうことを優先していいのでしょうか?
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  Jie Ketsu 返答済み 12 日 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
専門家:  koutouji 返答済み 11 日 前.

上申書を出すように書記官から求められているなら、

放棄を優先して、上申書は後からでいいでしょう。

法律 についての関連する質問