JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6996
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

未公開株式の相続と遺留分について質問です。創業者(父)が会社の経営に必要な株の2/3を次男に売買と贈与しました。創業者の

ユーザー評価:

未公開株式の相続と遺留分について質問です。創業者(父)が会社の経営に必要な株の2/3を次男に売買と贈与しました。創業者の子供は男3人で長男は3年前に他界しました。創業者の会社の株式について長男の子供(女1名男1名)は代襲相続人として遺留分の請求ができるのでしょうか?質問者は創業者の3男です。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 鹿児島県
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: よろしくお願いいたします。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、代襲相続人にも被代襲者の割合で、遺留分は存在します。子供が複数いれば、その割合で分けることになります。売買した物は、覗いて贈与した物は、対象になるでしょう。そもそも、遺言が無ければ、遺産分割協議になり、その代襲相続人も含めて遺産分割協議書が無いと、相続手続きは、出来ません。もめる場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申立てることなります。遺産分割には、時効もありません。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。よく分かりました。

アドバイスが少しでもお役に立ちましたら評価をしていただけると助かります。星印のところです。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問