JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 296
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

交通事故事故の加害者になってしまいました 自賠責共済のみ加入で任意保険は加入してませんでした

ユーザー評価:

交通事故事故の加害者になってしまいました 自賠責共済のみ加入で任意保険は加入してませんでした 100対0で完全にこちらに非があります まだ処分の通知は受けてませんが おそらく罰金と免停は免れないと思います 被害者への賠償や車のローンの返済など お金の心配ばかり考えてます 何か救済法とかありますか?他に借金が有り これ以上借り入れは不可能かと思います
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 鹿児島県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: どんな状況になれば弁護士に相談すればいいですか?

お世話になります。
今回のケースでの対処法としては、
賠償額を自賠責保険の範囲内に抑えることです。

弁護士に依頼するタイミングですが、上記のように
賠償額を自賠責保険の範囲内に抑えたい場合で、
その場合は、自賠責保険の範囲内に賠償額を抑えるか、
支払いが困難な場合、最終的に自己破産申立てなども検討する可能性もあります。

ちなみに自賠責保険には、「傷害」に関しては120万円、
「死亡」に関しては3000万円という保険金の上限の定めがあります。
「傷害」の限度額120万円には、治療費や付添費、入通院慰謝料、休業損害等、
傷害に伴う補償のすべてが含まれます。
そして、限度額の120万円を超える部分については、

加害者加害者に直接請求するか自己負担となります。

事故の状況にもよると思いますが、

損害額が高くなりそうな時は、一度お近くの弁護士に

相談してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
36554;についてはどうなんでしょうか?被害者の車の修理費または買い換え代金 相手方はまだ未定らしいのですが こちらの車は廃車状態ローンも完済してません 自己破産だけはなんとしたくないのですが
借り入れできる方法はあるのでしょうか?

他の借り入れが難しい場合は、

相手の方の車代を立替払いしてもらい、

後から分割などで支払うなどの方法があります。

その点も、弁護士が取り計らってくれると思います。

saitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問