JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6869
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の結婚を反対する親について困っております。 東京です,

ユーザー評価:

私の結婚を反対する親について困っております。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 私の親は上場企業の役員で、顧問弁護士がいるそうで、彼と結婚するなら彼の職場に圧力をかけて、彼を退職まで追い込むと言っています。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、ご相談者様は、未成年者でしょうか?女性の場合、16歳以上、男性は、18歳以上で結婚が可能ですが、未成年者の場合は、父母の同意が必要になります。そうでは無い場合は、父母が、成人の子どもを束縛するような事は出来ません。法的には、自由に婚姻が可能です。とは言え、未だに、結婚は家と家同士の結びつきや、もっと悪く言えば、政略結婚的に、政治や企業の思惑で利用される場合もあるのは現実です。多分、相手と結婚したら、勘当する、親子の縁を切るなどと騒ぎ出すのでしょう。典型的な、昭和時代の暴力的な考え方かもしれません。仮に、そのような働きかけを彼氏にすれば、業務妨害罪や名誉毀損罪などもあり得ます。場合によっては、お金で買収する事もあり得ます。ご相談者様側が裕福であれば、彼氏に人権派で対抗できると弁護士をご依頼してあげるのも手でしょう。仮に、そのような手を使う役員なら、そのことが発覚すれば、企業に与えるダメージも大きくなり、株主からの圧力もあり、退任の要求もあり得ます。親御様にとってもリスクの高い行為です。ご両親様とも反対でしょうか?お母様も許さないのでしょうか。親族に親御様の父母(ご相談者様の祖父母様)やご兄弟様がいれば、説得してもらうのも手です。とにかく、何か彼氏に対してアクションを起こせば、すぐに、対応できるようにしておいた方が良いでしょう。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26089;速のご返信ありがとうございます。
私は25歳、彼も27歳の成人なので法律上は全く問題がないと思います。
反対されている理由としては、彼の父親が中東系の方であることです。彼が小さい頃に母親とは離婚し、既に他界されているとのことですが、私の父親的にはハーフと結婚など反対、ましてや中東系など言語道断、とのことです。
母親も当初(一ヶ月前がことの発端です)は父親と一緒になって反対してましたが、親戚の意見を聞き、私の心身を心配してくれているようです。彼と、私の父抜きで話せないかとも言ってくれました。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
24444;にはすべて話して相談しており、それでも結婚したいと言ってくれています。私も意思は固いので、婚姻届はいつでも出せる気持ちです。
ただ、私の父親に認められることは諦めたとしても、法的社会的に彼が追い詰められることが最大の恐怖です。父親は、徹底的に追い詰める、彼を会社に居られないようにしてやる、お前は最低の人生になる、と言っています。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
29238;親の会社の株主については、参考になるご意見をありがとうございます。
実際に何か彼が不利益を被った場合、私と彼で弁護士を雇い、父親を訴えることは可能でしょうか。
また、父親からは今までの養育費2000万円を要求すると言われましたが、これは正当な要求でしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。本来は、どんな窮地に陥っても、援助してくれるのが親御様だと思いますが、残念な話です。基本的に、結婚をするから、相手を貶めると言うのは脅迫罪です。このグローバルな世の中、時代錯誤も甚だしい考え方です。中東と言うことで、何らかの宗教を懸念しているのでしょうか。食事の問題があるかもしれません。ハーフの方と結婚を許すなど、グローバル社会で素晴らしいと、他の役員から絶賛されそうな気もしますが、他も頭が固い役員でしょうか。上場企業なら、経団連とかも関わっているなら、そこのお偉いさんなどから説得してもらうのも手です。お父様を訴えるのは可能です。養育費2000万円は何の根拠も無く、養育の義務があるので、論点がずれています。請求は出来ません。既成事実として彼氏と同棲などされても良いかもしれません。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
28201;かいお言葉とアドバイス、ありがとうございます。
具体的にはインドなのですが、父親から言わせると、インドは現在も厳しい階級社会で、彼の父親はどんな階級かわかったものじゃない、彼の母親と結婚したくらいだから下の方なのではないか、亡くなっているとはいえ、向こうの親族がいつ出てくるか分かったものではない、と。本当になんの根拠も無いことで私も彼も疲弊しております。彼はインドに仕事以外で行ったこともなく、成人後に自分がハーフであることを知ったくらいです。インドの親族など一人も知らず、接触も無いとのことです。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
29238;の仕事仲間は役員の方と私は接点が全くないので、そこから説得をしてもらうことは望み薄です。親族でも味方をしてくれそうなのは母側の叔父ですが、遠距離なためいざというときにすぐ頼れるかは微妙です。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12392;にかく彼が仕事を失ってしまうことは最も避けたいことです。私の父は恐らく彼の会社な上層部にも顔が効くらしく、退職まで追い込むというのもなんだかリアリティがあります。
事前に警告というか、父にストップをかける手段としては考えられることがあるでしょうか?弁護士はもちろん、警察は動いてくれたりするものでしょうか?
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
39178;育費2000万円は、私が中学から大学まで私立に通っていたので、その他塾などの費用も加味してだと思いますが、それでも支払う必要はないのでしょうか?

脅迫罪であれば、当然、動いてくれるでしょうし、人権派の弁護士なら相手が上場企業の役員ならやる気になるでしょう。内容証明で、そう言うことをしないよう警告は出来るでしょう。それと、確かにインドは、家族の絆が強いので、そう感じるのかもしれませんが、インドも伸びている国ですから、ビジネスで考えると有利にはなると思いますが、余程、頭が固いようです。また、私立だろうが大学院までだろうが、親が子供に使う費用を請求すると事は出来ません。最初に、そう言う約束でもあれば別ですが、今になって言っても効力はありません。ただの結婚をさせない脅しです。強要罪等になる可能性もあります。説得は難しいでしょうから、相手が折れるまで、同棲を始めた方が、現実的でしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
22812;遅くにも関わらず、ご丁寧にご対応いただきありがとうございます。
実際に法的措置を取るかはさておき、出来うる手段があるとわかっただけで少し安心しました。出来るだけ説得を試み、頑張って結婚したいと思います。本当にありがとうございました。

法律 についての関連する質問