JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2076
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

以前にお付き合いした方とお金のことで認識の相違があり、最近になってメールで連絡があり、「弁護士通じて貴女の住所調べました

質問者の質問

以前にお付き合いした方とお金のことで認識の相違があり、最近になってメールで連絡があり、「弁護士通じて貴女の住所調べました」「」と記述があります。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: すいません、「返す気がないなら正式は方法を取ります、又、詐欺容疑での告発も検討させています」
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 住まいは東京です。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  khyh1709 返答済み 3 ヶ月 前.

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

金銭的なトラブルでのご質問ですね。

相手のその状況だと,今後は取り立ての裁判もされる可能性がありますが,

支払をされていない理由もおありなのだろうと思います。

よろしければ事案を補足していただけますでしょうか。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
25903;払いをしていない理由は下記になります。金額は確か150万円です。借用書を半ば強引に①出会ったきっかけ
交際倶楽部であり、最初は会う度に深い行為と引き換えに支援を受けていました。
②お金を借りた理由
医療費であり、半ば強引に借用書の記入を迫られましたが、「返さなくてもよい」と言われていました。私は元々身体が弱く、現在は精神障害者3級です。保険適用でないTMSという保険適用外の治療をその方の勧めで受けました。受けたいけど高額なので相談したら出してあげる、と言いました。借用書は、法人の代表なので、口座のお金を動かすと税務調査の対応に困るからと後付けで半ば強引に書くよう迫られました。当時、かなら体調が悪く藁にもすがる思いで記述しました。
③付き合いの期間がそれなり長く、その間に事件性もあり、警察や税務調査が絡むことがありました。(警察の方と私は電話で話しただけなので真相は分かりません)
④その方の性格
機嫌が良い時は非常に温かみのある方ですが、ぶつかった時はまるでヤクザのようになります。また、機嫌の良い時でも後から振り返ると辻褄が合わない話が多々あり、嘘が多々あったように思います。
⑤現在の状況
私は結婚して引っ越しています。少し前にその方からメールが入り、癌になった、債権は第三者に委ねる、と書いてありました。
⑥別れた理由
元々割り切りでお付き合いしていましたが、嫉妬が激しいのと気性が荒く、確か性格的なつまらないことで揉めて、喧嘩した時のいつもの捨て台詞と貸したお金を返せ、と言ってましたが 時間が経って連絡し、仲直りすると「返さなくてよい」と言い、最後の喧嘩のメールにも返せと書いてありました。
⑦嫌がらせか本気が分からない
時間が経過して、その方も高齢なので認知症もしくは頭で架空の物語を作り出しているのか分からないです。私は抗うつ薬を服用してますが記憶は確かです。
⑧完全に断ち切りたい
前に結婚した時に当時の主人あてに封書が届き、その方の法人の元社員の嫌がらせであったと分かりました。百歩譲ったとして返済しても、また何かしら接点を持つことになるのが怖く、シラを切られる可能性もあり不安である
⑨法律で決着したい
過去をなかったことにする気はなく、法的に払わなければならないならば仕方ないですが泣き寝入りもしたくない。警察に先に被害届けを出したい、とも思っています。裁判も構いません。白黒つけて、完全に関係を断ちたいです。以上、取り急ぎが長文で申し訳ありません。お手数をお掛けしますが宜しくお願い申し上げます。
専門家:  khyh1709 返答済み 3 ヶ月 前.

どういう経緯であったにせよ,借用証があるとすると,

これに基づいて返金請求の訴訟がされる可能性がありますね。

裁判所は書面を重視しますから,借用証があるのなら返しなさい,となりかねません,

こちらとしては,返さなくてよいといわれていた,そういうことを証明していかなければなりません。

仮に,被害届を出すのなら,支払いをしなければならないとしても,恐喝,は許されないので,

生命身体に対する害悪が加えられると怖がらせて,お金を支払うように要求されていれば,恐喝罪,に該当します。

その点では,警察への被害届け,ということになります。

もっとも,ここでも,証拠,が問題になりますので,

これまでのやり取りなど記録が残っているものは極力集めておいてください。

法律 についての関連する質問