JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 614
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

先ほど、息子が交通事故を起こし、その際駆け付けた警官に暴力をふるったとして公務執行妨害で逮捕されました。事故現場では支離

ユーザー評価:

先ほど、息子が交通事故を起こし、その際駆け付けた警官に暴力をふるったとして公務執行妨害で逮捕されました。事故現場では支離滅裂な行動が見られたとの情報もありますが、具体的な状況は全く分かりません。ただ気が動転して起こしたことなのか、あるいは飲酒運転や最悪薬物によるものなのかなど色々と考えてしまいます。本人との面会もできていないので、心配でしようがありません。今早急にしておくべきことなど教えていただければと思いメールしました。よろしくお願いいたします。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 秋田県横手市です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 本人の職業が医師であること。お盆帰省中での出来事であること。できるだけ早く釈放してもらいたいこと。などでしょうか。

お世話になります。
公務執行妨害罪で逮捕された後の流れですが、
通常は、逮捕期間が最長72時間続き、警察での取り調べを受けます。
警察では、刑事責任を問う必要があると判断すれば、事件を検察へ送致します。
事件が送致されると、検察はさらに身柄を拘束したまま捜査を行う、
「勾留」を行うかどうかを検討することになります。
検察が必要と判断し、裁判所に対して行われた「勾留請求」が認められれば、
最大23日間も留置場や拘置所で身柄を拘束され続けてしまうケースも出てきます。

ただし、公務執行妨害事件の場合は、計画的な犯行というより、
どちらかというと、カッとなって起こすケースが少なくないようです。
そのため、本人の住所が定まっていて、身元引受人となる家族もいれば、
証拠隠滅の恐れもないとみなされる可能性が高いと言われています。
さらに本人が反省もしていれば、逮捕されても比較的早く釈放されることもあるでしょう。
ただし、行為の態様が悪質で、証拠隠滅や逃亡の恐れがあるなどと判断されると、
勾留される可能性が高まります。

◆公務執行妨害事件で起訴を回避するためには?
前述のとおり、公務執行妨害事件では、比較的早く釈放されやすい特徴があります。
しかし、逮捕から勾留が決まるまでの72時間の間は、
家族が本人と面会して反省を促すなどの説得ができません。
自由に面会して家族からのメッセージを伝えたり、反省を促したり、
捜査対応についてアドバイスができるのは、弁護士だけです。

そのためまずは、家族が弁護士に相談して、
早期の釈放に向けた活動を相談することをおすすめします。
お近くに法律事務所などがあれぱ、早めに相談してみるといいと思います。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。弁護士を探しましたが、当地の弁護士は休みを取っているようで連絡がつきません。
本日連絡の取れる弁護士を紹介するところはご存じありませんか?

お世話になります。

秋田市で休日対応してくれる弁護士さんは以下

のページを参考にしてみてください。

https://www.bengo4.com/akita/a_05201/

追伸

横手市は以下のページです。

http://akiben.jp/lawyer/yokote/

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございました

よろしくお願いします

お世話になります。

その後、連絡は取れましたか?

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
22269;選弁護人を依頼しました

分かりました。

お世話になります。

良かったら評価をしてもらえると助かります。

よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12354;りがとうございました

質問ページの右上に表示されている5つ星から該当する星の数、

(★5つ)を選択して [評価する] ボタンをクリックしてくれたら助かります。

よろしくお願いします。

saitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問