JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6886
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日ライブイベントのキャンセル料金を支払っていただくには、、、というご相談をさせて頂いたものです。

ユーザー評価:

先日ライブイベントのキャンセル料金を支払っていただくには、、、というご相談をさせて頂いたものです。キャンセル規定を送り、1週間以内を目処にお支払いくださいと送ったところ、都合の悪いことについては無視されるのですねと言われました。流れの中で(ここのサイトに先日相談する前の流れです)、法的相談をしている事を告げたところ具体的に誰に相談したのか聞かれたりしましたが、今後の流れによって変わる為お教えできませんと告げました。こういう時はあまり多くを語らない方がいいと周りの人からアドバイスをいただいての事だったのですが、キャンセル料金の支払いに納得されていない以上、詳しく記載すべきでしょうか?誰に相談したのか、とか、前回の答え「LINEに気づかず放置した主催も悪いがTwitterのDMにも簡単に連絡ができるにもかかわらずしなかった出演者にも非があり、お互いにコミニュケーション不足が否めない為、お互いが50パーセントずつの負担をするべき」等お伝えするのは、今後何か裁判などする時に不利になったりしますか?
それともお伝えして納得を促すのが良いのでしょうか?

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。お話しから、もう次の段階に行っているようです。内容証明で対応された方が良いでしょう。こちらは、一般的な相談窓口ですので、個別の案件は、リアルに民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼された方が良いでしょう。また、相談先のジャストアンサーは、相手に告げない方が良いでしょう。相手もこちらに相談して、対抗方法を知ろうとして更にトラブルになるケースもあります。内容証明で応じなければ、民事調停などに進まれると良いでしょう。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。
弁護士や行政書士さんに相談した場合お金がかかるのは理解しているのですが、かかった費用は具体的にどちら持ちになるのが一般的か気になります。自分で手続きをするとして、内容証明を送る段階で、キャンセル料金の他に内容証明にかかる実費の請求は上乗せしても大丈夫なものでしょうか?
行政書士さんに依頼するとすればその実費は上乗せ出来るものなのでしょうか?それともそれらの上乗せは民事調停に進んでからのお話になるものなのでしょうか?

内容証明自体は、配達証明を付けて、2千円程度です。行政書士の先生に作成をご依頼すれば3万円程度です。民事調停は、1万円程度で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。一般的に、裁判費用は、負けた方が支払いますが、その裁判費用に弁護士費用が含まれないので、なかなか、裁判をしない人も多いわけです。赤字になるなら、放置して、さっさと次の仕事をした方が良いと考えるわけです。今回の件は、刑事事件でも何でもなく、民事の問題で、ご相談者様が、法人なら、雑損で処理して、次のことを前向きに考えた方が賢明とも言えます。犯罪では無いから、民事はもめると長くなります。どこかで折り合いを付けた方が良いでしょう。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問