JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2110
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

弁護士さんを探しているのですが、どんな内容かをここで書かせて頂き、勝算がありそうか、ということと、対応できる弁護士さんを

ユーザー評価:

弁護士さんを探しているのですが、どんな内容かをここで書かせて頂き、勝算がありそうか、ということと、対応できる弁護士さんをご紹介頂けるという理解でよいですか? そしてそこまでは無償なのでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: わたしは東京在住で、建築関係の訴訟に巻き込まれている山口県防府市の叔父のことで相談です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 叔父が和風建築の大工をしており、お施主さんから費用の不払い(金額未確認)に加えて、意に添わない家を建てられたと訴えられ、500万の支払いを命じる判決が言い渡されてしまいました。(つい最近) 数年前に、家が完成した時には、「いい家を建ててくれてありがという」という趣旨のハガキ(手紙?)まで受け取っていたのですが、お施主さんの態度が急変し、「こんなはずじゃなかった。修繕しろ」という反応になったそうです。それを受けて改修してあげたらしいです。それで納得したかと思いきや、更に「ここも思ったのと違う」と要求を繰り返すようになり、ついに法的手段に出てきた、という経緯があります。 その影には、リフォーム業者の存在があり、叔父が昔から、設計図や契約書などの書類(詳細未確認)に疎く、その不備に付け込んで、料金を踏み倒せると、裏でアドバイスしているのではないかと想像しています。
相手側は弁護士を雇っておらず、こちらは弁護士を雇っているのですが、肝心の弁護士の言動がほぼ相手側の味方なのではないかと思われるほど、要を得ておらず(建築専門ではない人だそうです)、債務不履行でこの弁護士への費用も支払わなくてもいいのではないかと思っています。(支払ってしまったかもしれません)相手側に買収されている可能性さえ感じます。叔父は職人気質で、決して相手の意に添わない家を建てる人ではありません。叔父の妻(わたしの叔母)は、この度の一件で精神的に参ってしまい、助けたい気持ちでいっぱいです。 悪徳業者のリフォームを訴える話はよくあるので、それに該当すると判決が出てしまいました。 実態はその逆のケースなので、このような判例はネット上ではみつかりません。同じようなケースを担当した弁護士さんを探しています。

弁護士のkhyh1709といいます。

このサイトでは,ご相談内容についてのアドバイス,回答は可能なのですが,

具体的な弁護士を紹介する,ということには残念ながら対応ができかねます。

ご相談の事案に対する回答は当職からでもさせていただければと思いますが,それでもよろしいでしょうか。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12399;い。宜しくお願いいたします。これから寝てしまいますので明日ご返答を確認いたします

それでは,状況を確認させていただきたいのですが,

すでに判決が出た,つい最近,ということなのですが,

すでにその判決は確定してしまっているでしょうか。

判決が出されて,控訴期間は2週間です。2週間以内に控訴しないと,確定してしまいます。

そうなると,法的には,この問題を争うことができなくなってしまいます。

間に合うようでしたら,まずは,控訴状を作成して,提出しておく必要があります。

控訴状の作成くらいは,今依頼されている弁護士に相談できると思いますが,この点は早急にご確認ください。

その後に,本件の訴訟についてですが,請負契約,という話ですが,その場合は,依頼内容,どういうものを建築するのか,その内容が重要になります。

そのため,図面等で細かく確認しておかないと,思っていたのと違うなどと,難癖をつけられかねません。

本件はすでに工事等をされているので,今さらいっても仕方がないかもしれませんが,

重要なのは当時の合意内容,注文内容です。これを,工事メモなど何らかのもので裏付けていかなければなりません。

これが欠けると,おそらく訴訟にも負けることになってしまいます。

例えば,お礼の手紙等は証拠で提出されているのですよね?

あとは,判決が出ている以上は,控訴審の裁判所では,判決文を前提とした審理になりますので,

判決文で指摘されているこちらの不備についての反論を準備しなければなりません。

このあたりはまさに弁護士に実際に相談して対応してもらうことになりますが,今の弁護士への信頼がないようですから,ほかの弁護士に変えることを検討した方がいいでしょうね。

ただ,ご指摘の通り,欠陥住宅を建てられてしまった側,については,欠陥住宅ネットなどの対応弁護士がいるのですが,

本件は逆のパターンなので,そういう弁護士が受けてくれるかどうか,ですね。相談してみないことにはここでは何ともいえませんが,相談はされてみてもいいと思いますが。

あるいは弁護士ドットコム(得意分野などが掲載されています)などのサイトから検索,相談してみる,などですね。

khyh1709をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問