JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 697
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

2人目里帰り中に、主人が会社の同僚と浮気しました。 離婚を考えています。

ユーザー評価:

2人目里帰り中に、主人が会社の同僚と浮気しました。
離婚を考えています。質問は、この場合に三歳の子供が父親との暮らしを希望した場合に、私が親権を得ることはできないのでしょうか。

質問をご投稿いただきありがとうございます。回答者287tzx75が対応させていただきます。ただいま回答の準備を行っております。次の投稿にて回答させていただきますので、少々お待ち下さい。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12424;ろしくお願いします。

お答えします。

本来、親権者の決定は、離婚の際、夫婦で協議をして決定します。

もし親権者をだれにするかの話し合いで決まらない場合は「調停」へ、それでも決まらない場合は「審判」や「裁判」で決めてもらうという流れになります。

その場合に判断されるのは、子ども・親両者の事情が考慮されます。

まず、子どもの意向ですが、子ども自身の意見も重要になります。しかしこれは、ある程度判断能力を持った年齢からで、特に、満15歳以上の場合、家庭裁判は子供の意見を聞かなければいけないことになっています。

ですから、3歳の子供では、その意見はあまり重視されないでしょう。

子供の年齢・性別・兄弟関係では、

0歳~10歳の場合はまだ多くの手がかかることから親権が母親になるケースが多くなります。また性別や兄弟を引き離さないことも考慮されるのです。

ですからあなたの場合は、年齢や二人の兄弟を離さない点からも有利でしょう。

また、父親、母親との結びつきの点からは、仕事など長い時間家にいない場合は、子どもとの結びつきが薄いと考えられる可能性が高く、長い時間一緒にいた方に親権が渡る可能性が高くあります。

以上の点を、総合的に判断していきますと、子どもが幼ければ幼いほど、親権の争いについては母親が有利といわれています。

専門家287tzx75をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12372;回答頂き有り難うございました。安心致しました。

法律 についての関連する質問