JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 169
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

仕事の報酬・退職金についての相談です。 私は平成元年卒の医師で私立の医療法人で外科医として勤めております。

ユーザー評価:

仕事の報酬・退職金についての相談です。
私は平成元年卒の医師で私立の医療法人で外科医として勤めております。
就職は平成14年4月1日、外科医長として勤務しました。その当時は給与制で、その3~4年後の就職者から年俸制に変わったと思われます。
平成15年に外科部長に昇進、私の昨年の収入が税込み1450万円、今年になり年俸制への転向を提案され、1600万円の提示を受けました。
この度、諸事情(自己都合)で来年3月で現医療機関を退職し、別の医療機関に就職することとなり、いろいろと調べたところ、私より約4年遅れて就職した4学年下の外科医(役職;外科医長)の昨年の年俸が1600万円と私より150万円も高いのです。また、他の診療科の今年度採用医師(医長職)の年俸は1700万円で250万円高く、部長職なのに長年の間、同病院の医師の中では低収入で雇用されていたと思われす。
また、退職金の概算提示を求めたところ、基本給505,300円×支給率10.88=5,497,664円との回答。年俸制医師との差額を考えると、全く納得のいくものではありません。
過去の給与や退職金について医療機関と交渉できる余地があるでしょうか?

特定社労士が回答します

働く人の労働条件は職場の就業規則によって定められています。

当然、賃金や退職金も賃金規程に規定されているものです。たとえば、医長職はいくら、部長職はいくらという風に、具体的な金額が定めてあればその額になります。

ただ、医師のような特殊な能力を持った人については、詳しい定めがなされていない場合もあります。

こうした場合は、個別の契約でその都度、賃金額が定められるということになります。

そうなると後で入った人の方が高い、といった逆転現象も発生します。

賃金は、契約した金額を支払わない場合は法違反として訴えることもできますが、後で入社したものが高いとしても法的な責任を問うことはできません。

先生も来年、別の医療機関に就職された場合、同じような現象が発生する可能性もあります。

今回の場合も、理不尽だとして今の病院に交渉されることは可能ですが、法的に救済できる問題ではないと考えます。

専門家287tzx75をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問