JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5556
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

恐れ入ります。再三にわたる質問恐縮です。

ユーザー評価:

恐れ入ります。再三にわたる質問恐縮です。
先の離婚に関しまして、妻は下記内容に関する慰謝料もしくは損害賠償を求める方針の様です。
ですので今回はご相談の情報を妻と共有せず、訴訟を戦う前提での質問になります。私(夫)を甲、妻を乙とします。
36年前(1982年頃)(たぶん)、甲17歳(たぶん)乙13歳(たぶん)
甲と乙はそれまで仲が良く、甲は好き合っていると思って、甲の家に乙が宿泊した際、甲は乙に性的いたずらを行った。
(後から聞いた話では、その時乙は他に付き合っている人がいたらしい)
具体的にはパジャマの中に手を入れ胸を触り、パンツの上から股間を触った。
10分間くらいだったと思う。
乙はこれで男性不信になったという。
乙はこの件は<後述する※の時点>まで誰にも伝えなかった。
以降乙は甲を嫌い接触を避けた。
1993年、甲は1度目の結婚をし、1997年に離婚した。
その際甲は乙と再会し、過去の件について詫びて乙と結婚した。
前の離婚直後の甲は、次の結婚において健全な夫婦関係に強い希求があり、嫌われたままなら結婚する気はなかったので、甲は過去の件については許される承諾を確かにもらった。
しかし現時点で乙は甲からのこの詫びも自分が許した事実も覚えにないと言っている。
結婚後の乙は数年は甲からは自然に見えていた。
結婚してすぐ子供ができ、その時から乙は甲の性的行為の一切を拒否した。
そのためその時から現在に至るまでの17年以上、甲は乙に対して性的行為はしていない(手を触れる事すら拒否されていたので)
甲は最初に書きました理由
01●〜17●および18●私の実母がアルツハイマーで老人ホームに入るまでの大変な時期、鬼の奥さんが世話にきてくれたが乙は完全無視
により甲はストレスを抱えるに至った。
乙もストレスから帯状疱疹を発症し数ヶ月ほど前に1週間ほど入院した。
全身に湿疹ができ、今もある。
そして先日乙の両親に離婚を報告する際<※>に、乙は過去に甲が乙にした事実を乙の両親に話した。
そんな嫌な事をした甲となぜ結婚したかと両親が尋ねると、
「結婚して子供は欲しいが甲のせいで人間不審に陥ったのでできない、
だから甲と子供だけは作ってそれ以上はしない」が理由と言う(再確認中)。
それならば結婚相手は甲である必要はないのではと甲が尋ねるが返答はない。
乙の離婚の意思は固く、離婚後は親元には戻らず今後親とも絶縁していくと言っている。
そのために少しでも資金がいるので、乙は本件に関する慰謝料を取る事を考えている。<質問>
1●36年前に甲が乙にした行為については弁解の余地はありません。ですのでその当時の行為に対して訴訟を求められたらどうなるでしょうか。それとも時効でしょうか。
2●乙はいたずらをされた相手と知った上で甲と結婚しています。結婚後、結婚以前のいたずらが原因で帯状疱疹になったとしても慰謝料や損害賠償を請求できるのでしょうか。結婚しないという事もできたはずですので。
3●重複しますが、今回、妻は少しでもお金を引き出そうとします。この件でそれができるのか、できる場合どこがポイントになるのか、いくら位の額になるのか、逆にこちらが請求できる材料はないか、といった全般予想、お願いできますでしょうか。
4●乙が慰謝料を獲得する上で、今後調停、裁判、どういった流れになり、どの位の期間が必要になるのでしょうか。
5●裁判等になり弁護士さんが必要になった場合、お願いできますか?もしくはお勧めの方法ありましたら。よろしくお願いします。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。ご質問に分かる範囲でご回答致します。1、基本的に、36年前のことは時効です。ただ、心の傷と言うことで、相手は、道義的な問題として慰謝料を請求してくるかもしれませんが、時効を援用することになります。2、慰謝料に関しては、時効ですが、時効は、ご相談者様が援用しなければ、慰謝料を支払うことも出来ます。その場合は、義務は無いので解決金と言う扱いでしょうか。不法行為の慰謝料請求は、3年の時効です。3、この件に関しての慰謝料請求は出来ません。あくまで、離婚に関するものだけで、前の事件と離婚の慰謝料を一緒に出来ません。そもそも、結婚する前に謝罪に同意しているので、その話は、なしです。支払うとしても解決金や和解金として必要も無いのにあえて出す形でしょうか。4、多分、離婚調停での今回の請求は意味がありません。むしろ、相手をだまして、結婚しているので、ご相談者様の方が慰謝料請求はあり得るかもしれません。奥様は、調停委員にたしなめられるだけです。5、離婚裁判と言うのは、現実、ほとんど無く、裁判前の和解とかになるので、弁護士代が、損をするだけかもしれません。調停で、当事者で調停委員と協議することで解決した方が良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。安心しました。
この件は、帰宅してからもう一度読んで特に無ければ終了の扱いになると思いますが、
新規依頼で新たに質問を予定しています。離婚の際の年金分割についてになります。具体的な金額と、実際のやるべき行動を明確にしたいので、可能であれば新規で先生にまたお願いたいです。専門外であれば任意の方に依頼します。
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;と、奥さんは結婚の際私からの謝罪は受けていないと主張しています。双方の記憶が異なりますが、大丈夫でしょうか。
和解金とは通常いくらぐらいでしょうか。

謝罪を受けてないで結婚すると言うのも不思議な話です。いつどのような時に謝罪したか、記憶があれば、日記風に書面化しておいても良いでしょう。和解金も、民事なのでケースバイケースです。まずは、提示して双方が合意すれば構いません。応じなければ、離婚は、しないと主張されると良いでしょう。有責配偶者からの離婚は、原則認められません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
38626;婚をしたいと言い出したのは私ですが、それでも「離婚しない」を言えますでしょうか。向こうはどうしても離婚したいようですが。
ここはの質問はこれで最後にします。帰宅後次の年金分割の新規質問の方、宜しくおねがいします。

夫婦間の約束は、民法ではいつでも取り消しが可能です(例外もありますが)。また、一身専属権で、希望する意思が代わるのも人間なので当たり前で、感情的に判断されて構いません。離婚をしないとなると、婚姻費用を別居中は支払うことになりますが、財産分与や多くの慰謝料は支払うことはなく、また、相手の意思での別居中は、共有財産が形成されない場合もありますし、相手の悪事の遺棄も認定できる可能性があります。離婚をしたい人に対して、離婚したくないと言うのは、大きな譲歩ポイントになります。現状、市役所に「離婚届の不受理の申し出」をしていないのであれば、提出しておけば、勝手に離婚届は出せません。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
37325;ね重ねありがとうございます。とても助かります。

少しでもお役に立てて良かったです。また、何かございましたら、お気軽にご相談下さい。このコメントに対する返信は、ご不要です。

法律 についての関連する質問