JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5597
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ご質問致します。

質問者の質問

ご質問致します。
亡き父の相続についてです。相続開始の日は平成23年11月5日です。その時点では母は存命でした。他に5人の子供がおり、私は54歳男性で末っ子です。父には遺産は土地のみでした、その土地に私のすぐ上の兄が自分名義の家を建て両親の面倒を診ておりました。この兄が跡継ぎになるため母、自分以外の4人の兄弟に相続金を支払うことになりました。まず、遺産分割協議書には私以外の兄弟の名前を列記してそれぞれに125万円を支払うとあります。*なぜここに私の名前を表記し忘れたかは次の内容から想像できると思います。兄弟5人のうち上3人は父の前妻の子供で異母兄弟です。その3人からは300万円や800万円という、どんな計算からでてくるのか判らない金額の請求が来たりして私と兄(跡継ぎ)が弁護士に相談するようになりました。結局は125万円で折り合いがついたのですが、兄(跡継ぎ)には支払うお金がなく銀行からローンで借りて支払いました。ただ、私に支払う125万円はどうしても用立てることができませんでした。そこで兄(跡継ぎ)は私に自分が定年退職金をもらったら増額して支払うからそれまで待って欲しいとのことでした。
前述した、相続の開始日から2年近くすぎて支払が完了しました。
その時の125万円の受領書には相続人全員の住所、氏名、実印の押印があります。日付は平成25年9月29日です。私は約束のとおり定年退職まで待たなければなりませんが司法書士に提出する手前、金銭は全く受け取らずに実印の押印までしました。
そして、この相続金の受領証を司法書士に提出する際に兄(跡継ぎ)は司法書士にこう伝えました。「私と弟の間で定年退職までお金の支払いを待ってもらう約束をしたので一応署名と実印をもらいました。」すると司法書士は「ご兄弟でそういう約束だできているなら、こちらは特に問題視しませんから大丈夫ですよ。」と言いました。
ここでお聞きしたいのはこれは司法書士としての業務において違法性はないのでしょうか?また、兄(跡継ぎ)と私は定年退職が延期されたということから私は「もう、それは待てない。」と伝えたところ、兄(跡継ぎ)から「誰も支払を延ばすとは言っていない。」と激怒したことから疎遠になっております。司法書士が例の受領証を正当でないと知りながら受理したことと兄(跡継ぎ)が私に相続金を渡さずに司法書士に提出したことは違法ではないのでしょうか?そこで例えば司法書士を訴えるとか、兄(跡継ぎ)に増額分を現時点で法によって計算された額を定年退職時に要求したりできるでしょうか?
125万円を6年間支払を猶予したらいくらくらいの増額を要求できるのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、その遺産分割協議書にご相談者様には125万円を相続させるとは無い訳ですね。受領証と言うのは、遺産分割協議書に署名捺印したと言うことでしょうか?受領証が突然出てきたのが分かりませんが。受領証と言うのは、金銭や物品を受け取ったと言う意味合いで、本来的にお金をもらったと言う証明には、領収書を出さないといけません。領収書をご相談者様が発行しなければ、確実に受け取ったと言えない場合もあります。また、その場で、お金がなくて後で支払うと言う意味合いが、遺産分割協議が終わって、後で、支払うと言うことであれば、お兄様からご相談者様への贈与と言うことにもなり、贈与税の問題も出てきます。その時の司法書士の先生がどう言う意味でご説明されたかがご不明ですが、例えば、兄弟間の相続争いで、兄弟が3人いてABCのうち、AはBにあげたいが、放棄すれば、Cが3分の1ではなく、2分の1を要求するので、一端、3等分して、相続が済んで、AがBに3分の1を贈与すると言うのは、ときどきあります。流れとしてはそれに近いと思いますがどうでしょうか?そのようなやり取りも民法では口約束でも成立するので司法書士の先生は、そのような考えでの説明かもしれません。次に、口約束でも契約は成立するので、遅延損害金や利子と言うのは決めることが可能です。利息は契約時に決めないといけないので、6年後に支払うなら、利息も決めておくことです。やはり、安全性を考えると書面で契約書を作成しておくことです。

専門家:  supertonton 返答済み 4 ヶ月 前.

ご相談いただきまし誠にありがとうございます。誠に残念ながら当職は、電話相談を受けていませんのでご了承下さい。より説明等が必要な場合は、お手数ですが、返信でご質問下さい。よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12371;ちらに質問を要約して記載すると「長時間のスクリプトによって応答しません」が表示されてしまい何も送信できない状態です。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
38651;話でご相談できない方なのに、「電話でのやり取りをご希望ですか?」が表示される意味が理解できません。
専門家:  supertonton 返答済み 4 ヶ月 前.

ご迷惑をおかけいたします。質問の返信は、連続して使用してかまいませんので、分けて書かれても良いですし、質問を一つずつされて構いません。遺産分割協議書と受領証の関係と、今後、何をされたいかご質問下さい。遺産分割協議は、既に完了していますが、相続人全員の同意で、再度し直すことも法的に可能です。

専門家:  supertonton 返答済み 4 ヶ月 前.

了解しました。専門家は、電話相談を利用できますが、当職の方針でしていないだけなので、ご迷惑をおかけするようなので、他の専門家が可能であればしてもらって下さい。ただ、だいたいの説明はしておりますが、残念ですが当職はオプトアウトさせていただきます。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
26410;だに連絡がありません。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
27598;日24時間サービスとありますが、連絡を頂けるのは24時間以内ではないということですね?

法律 についての関連する質問